Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャディバッグはカート式とスタンド式、どちらを選ぶべき? 買う際にチェックしておくべき点はどこ? 失敗しない選び方

配信

みんなのゴルフダイジェスト

クラブを収納し持ち運ぶためのキャディバッグは、ゴルフの必需品のひとつ。種類やサイズ、収納性能や重量などによって使用感は大きく変わるが、どう選べばいいのか、まとめて解説。

キャディバッグはゴルフの必需品

ゴルフでは最大14本まで異なるクラブを持ち込んでプレーすることができるが、その運搬に用いられるのがキャディバッグだ。 キャディバッグは縦に長い筒のような形状で、上部の口枠からクラブを収納することができる。口枠はいくつかの仕切りによって分けられていて、クラブを収納した際にヘッドがキャディバッグからはみ出す形となり、ラウンド中も番手をスムーズに確認することができる。 多くのキャディバッグには上部の口枠部分に着脱できるカバー(フード)が付属していて、ゴルフコースまでの運搬の際に装着することではみ出したヘッド部分まで傷つかないよう保護することができる。 クラブ収納部分のほかにも、ラウンドの際に必要となるゴルフボール、ティ、レインウェア、タオルなどの小物を収納するためのポケットが複数付いている。また、持ち運びやすいようバッグの側面には取っ手やショルダーストラップが付いている。 多くの場合キャディバッグはカートに積み込んでラウンドするが、バッグを担いでセルフプレーをする場合は種類やサイズ、重量によって取り回しのしやすさが異なってくる。 また、クルマへ積み込む際や、練習場へ小型のクラブケースでは入りきらないほど多くのクラブを持っていきたい場合も同様。とくに首都圏のゴルファーなら近場の練習場へ向かうために電車など公共の交通機関を利用する場合もあるだろう。この際も、サイズ感や持ち運びやすさが重要となってくる。

自立式とスタンド式の2種類

キャディバッグは大きく2種類、カート式(自立式とも)とスタンド式に分けられる。

【カート式(自立式)】 カート式のキャディバッグは土台部分に安定感があり、地面に置いた際に直立するタイプ。後述のスタンド式のキャディバッグと比べると、合成皮革やエナメルなどの素材を用いた頑丈な作りのモデルが多いが、そのぶん重量は重くなる。また、サイズも大きめのものが多い。 収納ポケットのサイズや量はカート式のほうが多い傾向にあり、ショルダーストラップは片掛けするタイプが主流となっている。

【関連記事】