Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広瀬アリス&すず姉妹、『Living』初ドラマ共演は“自由”「まさにリビングで会話しているよう」

配信

クランクイン!

 5月30日23時30分放送のリモートドラマ『Living』第1話(NHK総合)に出演する広瀬アリス・すず姉妹が、初のドラマ共演について「姉妹だからこそ自由にできる感じもあって、まさにリビングで会話しているようでした」(アリス)、「お互いが自由に、自分が思うようにやりたいようにやっている感覚があって心地よかったです」(すず)と感想を語った。 【写真】広瀬アリス&すず共演、リモートドラマ『Living』場面写真  『Living』は、広瀬アリス&広瀬すず姉妹のほか、永山瑛太&絢斗兄弟(第2話)、中尾明慶・仲里依紗夫妻(第3話)、青木崇高・優香夫妻(第4話)と、姉妹・兄弟・夫婦として日常を共にする俳優陣が出演するオムニバス形式のリモートドラマ。坂元裕二が脚本を担当する。  「締め切り60分前です。急いでください!」。物語を紡ごうと頭を悩ます小説家(阿部サダヲ)に声をかけたのは、なんと机の上に置いてあるドングリ(声・壇蜜)。 しゃべるドングリから叱咤(しった)激励を受けつつ、小説家は想像をふくらませていく。 それは4組の家族模様を映し出し…。  第1話で広瀬アリス・すず姉妹が演じるのは、一緒に暮らしている仲良し姉妹。はた目には平凡な生活を送っているように見える彼女たちだったが、実は誰にも見せない“裏の顔”があり…。  アリスは今回の共演を「テイクを重ねれば重ねるほどテンポが自然になっていって、面白かったです。一度テストをやった後、ここはちょっとテンポアップしたいなって思ったところをお互い自然と修正していて、あぁやっぱり通じるんだなって。安心感がすごかったです」と振り返る。  すずはリモートドラマの面白さについて「周りにスタッフさんがいない空間での撮影っていうのは今までなかったことですし、相手も姉だし、ここだけの空間を楽しめたような気がしました」と語る。さらに、「お芝居の中で私たち2人にすごく特殊な設定があるので、見ている方全員が突っ込みたくなるような会話や、私たちのシュールな葛藤をくすっと笑ってもらえたら嬉しいなと思います」としている。  リモートドラマ『Living』第1話は、NHK総合にて5月30日23時30分放送。

【関連記事】