Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原英莉花の涙に、「まさかの“逆転”」も リゾートトラストあれこれ

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

昨年まで3日間大会として開催されてきた「リゾートトラスト レディス」。今年から4日間大会として開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となってしまった。そこで、過去大会の名シーンを振り返ってみる。 原英莉花のドライバースイングは男子並み!【動画】 原英莉花がペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフのすえに涙のツアー初優勝を決めた昨年大会は記憶に新しい。渋野日向子、河本結、古江彩佳といった若手が活躍。世代交代が一気に進むツアーの縮図のような試合だった。 初日は原が単独トップで渋野、河本が1打差の2位タイ。前週の勝みなみ優勝に続き、1998年度生まれの黄金世代の勢いは止まらない。そこに待ったをかけたのが2日目の古江だった。当時はまだアマチュアだった古江が「65」をマークし、単独首位を奪い1打差に河本。さらに1打差の3位タイに原、渋野という大混戦で最終日に突入した。 迎えた最終日は原が6アンダーをマークしたものの、ソンウが「65」のベストスコア。2人がトップタイに並びプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪った原が、栄冠を手にした。「いろいろな感情が入り混じった。涙を流すつもりはなかったけど、泣いちゃいました」とうれし涙を流し、ようやく師匠・ジャンボ尾崎に初優勝を報告することになった。 台頭する新勢力が目立った昨年大会だが、1993年からスタートした大会では、幾多の名場面が生まれてきた。数ある大会の中でも、11年大会も印象に残るものだった。横峯さくらが逆転で勝利を決めた裏で、初優勝を狙った大城さつきがまさかの結末で涙をのんだ。 2日目に「64」をマークし単独首位で最終日を迎えた大城は、17番をボギーとしながらも単独首位で最終ホールへ。パーで優勝、ボギーでもプレーオフというなか、ティショットをフェアウェイにおきながら、2打目はまさかのオーバー。奥のピンに対してアプローチをミスしまさかのダブルボギー。先に上がっていた横峯に逆転を許してしまった。 4日間大会となり、白熱の展開が期待されていた本大会。プロになった古江ら2000年度生まれのプラチナ世代と黄金世代による熱戦はひとまずお預けとなった。相次ぐ大会中止を受け、日本女子プロゴルフ協会は2020年と21年シーズンを統合すると発表したが、まずは早く開幕を迎えることを願うばかりだ。 <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】