Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

嵐、ブルーノ・マーズ手がけた楽曲に向き合った感想明かす 大野智「プレッシャーがすごかったです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月18日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にPerfume、Creepy Nuts、V6、嵐、宮本浩次が出演した。 嵐「Whenever You Call」を世界にむけて発信【画像】  嵐はブルーノ・マーズがプロデュースした新曲「Whenever You Call」をテレビ初披露。大野智は「最初、ブルーノ・マーズさんの歌入りの曲を聴いたんですけど、その時はヤバかったですね。上手すぎて引きまして。プレッシャーがすごかったです」と正直な感想を明かした。ブルーノは今回、嵐の曲を聴き、嵐のライブを観て、嵐のために「Whenever You Call」を書き下ろした。二宮和也は「ご本人に今までの楽曲を聴いてもらったり、パフォーマンスを観て、今の僕たちに合う曲を作ってくれた」と話し、松本潤は「僕らとファンを繋ぐ曲になる、なってるんじゃないかと思います。また、普遍的なラブソングでもあるので、いろんな人たちに刺さる曲になってるんじゃないかと思う」と述べた。  Perfumeは最新曲「Time Warp」をパフォーマンス。「音楽シーンを変えた! ダンス&ボーカル30年史特集」を経て、「印象に残っているダンスパフォーマンス」を聞かれたのっちは、嵐の「I'll be there」を挙げる。「エレガントでセクシーで、振り付けがとっても好きなんですけど、その中で〈I'll be with you, you, you〉と指を指す振り付けが何回練習しても踊れなくって。でも、今日はこのお話をさせていただくってことで練習してきました」と3人は嵐が見ている前で息のあったダンスを披露。拍手を送る嵐を代表して櫻井翔は「『Time Warp』もかっこよかったよ」とコメントした。  Creepy Nutsは「かつて天才だった俺たちへ」をパフォーマンス。先日、Creepy Nuts × 菅田将暉として「サントラ」をMステで歌唱したものの、R-指定が歌詞を間違ったことを散々VTRでいじられた2人。松本はその日のオンエアを観ていたそうで、「めっちゃかっこよかったです。間違ったって言ってましたけど、その雰囲気も、菅田くんも含め、御三方の雰囲気がすごい素敵でした。グッとくるものがありましたね」と放送を振り返り、タモリも「ミスも音楽だけどね」と言葉を添えた。  今年25周年のV6は「It's my life」を披露。ジャニーズJr.時代の嵐との思い出に三宅健は、「相葉ちゃんの印象が薄いっていうのがカミセンの中では有名な話なんですけど、『ジュニア時代に健くんの股の下を潜ってたんですよ』っていうのを毎回主張してきて分からなかったんですけど」と話したところでVTRがその三宅の股を相葉が潜る映像に切り替わる。反応の薄い三宅を見て、相葉雅紀は「これでもピンときてないってことはもう駄目ですよ。諦めます、僕は。これから覚えてください、僕のことをね」と必死に主張。スタンバイに向かうV6に相葉は「最高の先輩ですよ。覚えてもらえるように頑張ります」と続けた。  ほかにも、宮本浩次「P.S. I love you」を披露。10月2日放送のラインアップは近日公開となる予定だ。

向原康太

【関連記事】