Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

椎葉村で土砂崩れ 安否不明4人の捜索続く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

台風10号の影響で土砂崩れが発生し、4人の安否がわからなくなっている宮崎県椎葉村では8日朝から警察や消防など約260人態勢で捜索が行われています。 県などによりますと、6日午後8時頃、椎葉村の山が崩れ木造平屋建ての住宅1棟、建設会社の2階建て事務所と倉庫が土砂にのみ込まれました。この土砂崩れで、会社を経営する70代男性がケガをし、60代の妻と30代の長男、それに20代のベトナム人技能実習生2人の合わせて4人の安否がわからなくなっています。 現場では、8日朝から警察と消防、大阪府警の広域緊急援助隊など約260人態勢で捜索が始まりました。捜索は現場付近から下流の尾平ダムまで約15キロにわたって行われていて、土砂の撤去も重点的に行われます。 椎葉村によりますと、発生から72時間を過ぎると生存率が下がるため、8日の捜索は日没過ぎまで行われるということです。

【関連記事】