Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<I-LAND>世界規模でトレンド入り!残酷なルール発動…主力メンバーが「パート2」初の脱落者に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

韓国発のサバイバル・オーディション番組「I-LAND」(ABEMA SPECIALで毎週金曜夜11:00~放送)の注目度が日本でも急上昇中だ。8月21日に放送された「エピソード8」ではデビューに直結する「パート2」で初めての脱落者が発生し、Twitterのトレンドトップ10をにぎわせた。 【写真を見る】ファンに悲しい顔ではなく「愛しています」のメッセージととびきりのスマイルを残したゴヌ また、次回の脱落者を決める「グローバル(視聴者)投票」の国別投票数ランキングの途中経過も発表され、日本はインドネシアに次いで2位(21日時点)。日本人候補者3人全員がパート2に進出していることもあり、応援の声も熱を帯びてきた。(以下、ネタバレがあります) ■ 「BTSテスト」で3つのユニットが激突 「I-LAND」は、BTSやTOMORROW X TOGETHER(TXT)が所属するビッグ・ヒット・エンタテインメントと、『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んで制作するオーディション番組。いわば、BTSの“弟分”発掘プロジェクトだ。 全6回にわたり放送された「パート1」では、世界中からオーディションで集められた練習生23人が超ハイテクなアイドル養成施設<I-LAND>の定員12枠をめぐり、昇格と降格を繰り返す生存競争を展開。8月14日放送の「エピソード7」で12人に絞り込まれ、デビューメンバー7人の枠を懸けた本戦に突入した。 「エピソード8」では、12人となって初めてのテストとその評価が行われた。 12人のアイランダー(「I-LAND」訓練生)が3つの4人組ユニットに分かれ、それぞれBTSの楽曲をパフォーマンス。プロデューサー陣によって一人一人のアイランダーに点数がつけられ、12位(最下位)となった1人が脱落する。ただし、ユニットの合計点が1位だったチームのメンバーには「脱落免除権」が与えられる。 課題曲は、明るい曲調で激しいダンスが特徴の「DNA」、高音メロディをこなす歌唱力と高いダンス力の両方が求められる難曲「FAKE LOVE」、歌詞を深く理解し表現する力が特に重要な「I NEED U」の3曲。各ユニットは、BTSを育てたカリスマ振付師ソン・ソンドゥク氏ら一流スタッフ陣の指導を受け、本番に臨んだ。 その結果、勢いあるステージを見せた「DNA」チーム(ケイ:リーダー、ジェイ、ニキ、ハンビン)が287点。歌詞世界が表現しきれていなかったと評価された「I NEED U」チーム(ヤン・ジョンウォン:リーダー、イ・ゴヌ、ジェイク、ダニエル)が275点。そして、ヒスンの圧倒的カリスマ性が光った「FAKE LOVE」チーム(タキ:リーダー、イ・ヒスン、パク・ソンフン、キム・ソヌ)が306点を獲得。1位評価を得た「FAKE LOVE」チームのメンバーは脱落免除権を手に入れた。 ■ 1位は圧倒的カリスマ!イ・ヒスン(93点) 個人点1位は、最も難易度が高いと言われた「FAKE LOVE」で1番パート(センター)を担ったヒスン。統括プロデューサーのパン・シヒョク氏からも「正直、番組を始めて以来、このステージは本当に良かった。本当によくやってくれた」と大絶賛。93点という高得点で、2位に12点差をつけて1位評価を受けた。 自分の練習時間を削ってメンバーに振付指導をしたり、初めてリーダーに指名されて重圧に苦しむタキに「大丈夫だよ、うまくできる。できないと思ったらもっと負担になるよ」と声掛けやサポートをするなど、精神面での成長も大きくアピールした。 2位は「I NEED U」チームのリーダー・ジョンウォン。シヒョク氏らP・D陣からも「ジョンウォンくんがよかった」「ピュアな雰囲気だしあまり欲も感じないんですが、意外と情熱的な子です」とポジティブなフィードバックを受け、81点の評価を受けた。 3位は「FAKE LOVE」チームのソンフンで、79点。当初はソロダンスのある1番パートを担当していたが、練習の過程でヒスンに1番をゆだね、1番と対になる振りもある3番パートに変更。この交代がうまくはまり、P・D陣から「毎日よくなっている」と評価された。 4位は「DNA」チームのリーダー・日本人のケイで、78点。ダンスのセンスと表現力が抜きんでているケイは、パワーが必要な「DNA」を笑顔も交えてはつらつと表現した。ただ、シヒョク氏からは「オーディション映像を見た時すごく期待した。期待する点数が頭にあるが、それを超えたパフォーマンスをまだ見ていない」との指摘も。このP・D陣の期待を超えられるかが今後のカギとなりそうだ。 5位は「FAKE LOVE」チームで2番を担ったソヌで、77点を獲得。高音パートの続くボーカルを見事にこなし、表情面でも切なさや荒々しさ、もどかしさを表現。これまで可愛らしい印象が強かっただけに、P・D陣を「初めて男性的な面を見せた」と驚かせた。ただ、シヒョク氏からは「もしデビュー組に入るのなら、かなりの準備が必要」との指摘もあった。 6位は「DNA」チームのジェイで74点。冒頭のラップパートや中盤のダンスブレイクなど見せ場は多かったが、P・D陣からは「中間ぐらい(の出来栄え)。もどかしさを感じる」「もっと素晴らしいところを見せる必要がある」と厳しい声も上がった。 7位は「I NEED U」チームのジェイクで70点。曲の切なさ、苦しさを表情でも見せ、存在感をアピールした。P・D陣からは「本当に野心家だと思う。ステージの上で『僕を見て!』という感じがする」「未来が楽しみな子」と期待する声が上がった。 ここまでは“デビュー圏内”。次回テストまでの間、デビュー圏内を証明するバッジを与えられる。 ■ 最下位12位に「脱落免除権」発動 8位になったのは「DNA」チームで4番を担当した日本人のニキ。前回順位が9位だった焦りから、当初はアドリブの振りを入れるなど勝手な行動も見られた。だが、リーダーのケイに厳しく叱咤されて奮起。本番では持ち前のダンススキルを活かして爽快感あるパフォーマンスを披露。ディレクター陣からは「ニキの表情がいい」といい評価も上がり、69点を与えられた。 9位は同じく「DNA」チームのハンビンで、66点を獲得。ベトナムのカバーダンスチームで活躍していた即戦力だけに、本番では誰よりもイキイキとしたパフォーマンスを見せ、チームを勢いづけた。常に笑顔を絶やさない明るいキャラクターも高評価につながった。ニキとケイが衝突した際には「話し合うとチームはどんどん一つになると思う」とニキのそばで話を聞くなど、チームの潤滑油としての役割も果たした。 「I NEED U」チームのダニエルは、64点で10位。9位までが発表された後、シヒョク氏は残ったダニエルとゴヌに向けて「2人はとてもキラキラ輝いて成長した瞬間があったけれども、ある瞬間から突然、成長が止まった」「ステージでのパフォーマンスが印象に残らない」と厳しく指摘。「どうして自分がステージで見えないのか。自分の役割を本当に考えてステージに上がっているかどうか、きちんとチェックする必要があると思います」とアドバイスを送った。 12位は「FAKE LOVE」チームのリーダーを務めたタキで、57点という厳しい評価。シヒョク氏からも「いい時と悪い時の差が大きい。今回のステージのようだとまずいかな」と厳しい言葉が掛けられたものの、ユニットが1位評価になったため脱落は免除された。残酷なルールが発動することになり、責任を感じたタキは「どうしよう、11位の人に本当に申し訳ない…」と泣き崩れた。 ■ 脱落者イ・ゴヌが国内外でTwitterトレンドに 今回の「BTSテスト」で最下位となり脱落したのは、「I NEED U」チームで2番を担ったイ・ゴヌ。60点だった。 高い歌唱力を持ち、「パート1」ではすべてのテストでボーカルの見せ場を担当したゴヌ。“デビュー組のメインボーカル候補”の声も上がる中、「パート1」最終テストでは、プロデューサーから「成長度合いがほかのメンバーよりも少ない」と評価され、降格処分を受けた。 その評価を跳ね返し、「パート2」で<I-LAND>に返り咲いたが、「I NEED U」でもリハーサルでソンドゥク氏から「この曲は歌詞のニュアンスをしっかり把握しないといけない」「悲しくて切ない気持ちを出さないといけない。ゴヌ、最後のサビで出る表情で感情を爆発させないといけないよ。(今は)最初と最後の感情の出し方が同じだ」と指摘され、動揺。本番直前まで自分のパフォーマンスを見直したものの、覆すことができなかった。 脱落が決まった後も、ゴヌは涙を見せることはなかった。脱落免除のタキをはじめ、ほかのアイランダーたちがゴヌ脱落にショックを受ける中、笑顔で「大丈夫だよ、泣かないで」と仲間たちを思いやった。 最後は「ここでの生活は終わりますが、僕にとっては新しい始まりだと思います。僕を応援してくださった方に、必ずいつか恩返しをしたいと思います。みんなカッコいいデビュー組を作ってほしいと思います。愛しています」と笑顔を残して<I-LAND>を去った。 アイドルになりたいという夢のため、高校を中退し高卒認定資格を取得しながらレッスンに励んできたゴヌ。自分の基準でパフォーマンスを冷静に評価できる頭の良さを持つだけに、特に後半は、番組開始時に与えられた高評価を超えられない悔しさを感じながらの戦いが続いていたはずだ。 それでも最後はアイドルの卵らしく、涙ではなくスマイルとファンへの愛を残して去ったゴヌに、SNSでは世界中から応援の声が続々。反響も大きく、Twitterでは「#ILAND_EP8」が世界トレンド3位に浮上したほか、トレンド世界ランキングで「Geonu」が、日本のランキングでも「ゴヌくん」がトレンドトップ10入りした。 8月28日(金)は「エピソード9」を放送する。11人になったアイランダーたちが挑むのは“ケミテスト”。アイランダーたちは「カメラテストのこと?」「ミュージックビデオの撮影かな?」とドキドキ。 “ケミテスト”後、視聴者による「グローバル投票」で最下位だったメンバーが脱落する。「グローバル投票」の投票数は、21日時点の途中経過で1位インドネシア、2位日本、3位フィリピン、4位韓国、5位ベトナム、6位アメリカとなっており、日本でも関心が高まっていることがうかがえる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】