Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

青森「さっさと帰れ」文書は正当な非難? PCR検査“陰性”の曖昧さも “帰省警察”からみえる課題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 今月5日、墓参りのために東京から青森市内に新幹線で帰省した男性の実家の玄関に、ある紙が投げ込まれた。「なんでこの時期に東京から来るのですか?知事がテレビで言ってるでしょうが!! 知ってるのかよ!! 良い年して何を考えてるんですか? この通りは小さい子も居るのです。そして高齢者もです。さっさと帰って下さい!! 皆の迷惑になります。安全だと言いきれますか??」。そこには男性を責める内容が、匿名で手書きで書かれていた。 【映像】男性の実家に投げ込まれた紙  このニュースにインターネットでは「今度は帰省警察か」という声が上がった。コロナ禍では多くの“自粛警察”が出現したが、こうした正義感や使命感に後押しされるという活動にネットでは、「一方的な正義感を振りかざすな」「感染が怖いという気持ちも分かる」といった様々な声がある。  コロナ禍で浮き彫りとなった私的な制裁。そこにある正義はどこから来て、誰に振りかざされているのか。11日の『ABEMA Prime』は改めて議論した。

■正当な非難? “帰省警察”からみえる課題

 東京から帰省した男性の実家に紙が投げ込まれたことについて、自粛警察を取材しているノンフィクションライターの石戸諭氏は2点を指摘する。  「この時期に東京から帰省しない方がいい、移動しない方がいいということは、公衆衛生の視点から考えるとある程度正しい行動だと言えるのではないか。ここがポイントで、答えがあることが絶対的に正しいということで『このくらい言っていいのだ』と思ってしまい、ある程度暴力的に振る舞うことができてしまう。一方で、人それぞれには事情があると思うことも大事だ。帰省自体が悪いとは僕も思わないし、やむにやまれぬ理由で帰るという場合もある。また、実家に帰って墓参りするくらいであれば、ほとんど誰とも接触がないというのと同義だろう。どのくらい誰と接触するのかというところまで考えなければ、リスクを高める行為かということも判断できない。赤の他人がきつく言えるのかというのは考えなければならない」  青森県の三村知事は4日、「一律に自粛をお願いすることはできる限り避けたい。県民には帰省される方々を温かい心で受け入れて欲しい」との見解を示した。一方、東京都の小池知事は6日「この夏は特別な夏として旅行・帰省・夜間の会食・遠くへの外出を控えて欲しい」としていて、自治体が発信するメッセージをどう受け止めるかも行動に影響すると言えそうだ。

【関連記事】