Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いざというときのために知っておきたい。葬儀・お墓・仏壇・相続などの費用について

配信

ファイナンシャルフィールド

葬儀にかかる費用は、葬儀代だけではありません。お墓や仏壇に費用がかかるのはもちろん、相続の手続きのために行政書士などに依頼する費用も必要です。いざというときのために、およそいくら必要になるのか、事前に知っておきたいもの。 今回は、終活関連サービスを提供する株式会社鎌倉新書が発表した「第4回お葬式に関する全国調査(2020年)」(※)を見てみましょう。

葬儀関連の費用

この調査は、直近2年半以内に葬儀を行った(携わった)経験のある40代以上の人を対象にしたものです。まずは葬儀関連の費用から見ていきます。 【お葬式にかかった費用(火葬場使用料、および、式場使用料を含む。ただし、飲食・返礼品費用、お布施は除く)】 1位:100万円以上120万円未満 14.0% 2位: 80万円以上100万円未満 13.6% 3位: 40万円以上 60万円未満 10.7% →平均:119.2万円 ボリュームゾーンは、80万円以上120万円未満ということになりました。平均費用は119.2万円ということで、まとまったお金が必要になりそうです。 葬儀を行う場合、寺・教会・神社など宗教者へのお礼も必要になりますが、いくらくらいが相場になるのでしょうか。 【お布施の額】 1位: 1万円以上10万円未満 27.6% 2位:10万円以上20万円未満 22.7% 3位:20万円以上30万円未満 15.4% →平均:24万円 ボリュームゾーンは、1万円以上20万円未満ということに。地域や宗派によってもお布施の相場が変わることもあるため、葬儀社を通じて依頼するのであれば、あらかじめ相場を聞いておくのもいいでしょう。 では、精進落としなど、葬儀の飲食にはいくらくらいかかるのでしょうか。 【葬儀の飲食にかかった費用】 1位:10万円未満      32.3% 2位:10万円以上20万円未満 25.1% 3位:20万円以上40万円未満 20.1% →平均:31.4万円 およそ8割の人は、40万円未満に収まっていることがわかります。飲食費用については、葬儀の参列者の数に大きく依存しそうですね。

【関連記事】