Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

途中出場の南野が決定機迎えるも… リバプールはアーセナルに敗戦 “偉業未達成”が決定

配信

Football ZONE web

リバプールは1-2でアーセナルに黒星 マンCの歴代最多勝ち点記録に届かず

 リバプールは現地時間15日、プレミアリーグ第36節でアーセナルと対戦し、1-2と敗れた。日本代表MF南野拓実は後半16分に途中投入され、積極的なシュートやゴール前で決定機を迎えるも、初ゴールには至らなかった。リバプールはこの日の敗戦により、歴代最多勝ち点記録更新の偉業は未達成に終わることが決定した。 【動画】途中出場の南野拓実、左足シュートに鋭い反転から決定機も… 「アーセナル×リバプール」(2-1)ハイライト  第31節消化時点で30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、プレミア歴代最多勝ち点(100/マンチェスター・シティが2017-18シーズンに達成)の記録更新を目指していることもあり、ここまで大幅なメンバー変更には踏み切らず、アーセナル戦も負傷離脱中の主将MFジョーダン・ヘンダーソンを除く主力を送り込んだ。  試合は前半20分に華麗な連係からセネガル代表FWサディオ・マネが押し込んで幸先良く先制するも、同32分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクのバックパスを奪われる形で失点を招くと、同44分にはブラジル代表GKアリソンが犯したパスミスからの流れで勝ち越しゴールを許した。  リーグ屈指の堅守を誇る守備陣の思わぬ自滅により逆転されることになったなか、後半16分にブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに代わって南野が投入される。同18分にはマネの縦パスから力強いグラウンダーのシュートを打ってゴールを脅かすと、同22分にはペナルティーエリア内で鋭い反転から決定機を迎えるも、相手DFに体をぶつけられシュートまでは持ち込めず。南野はファウルをアピールしたが、PK判定にはならなかった。  終盤は怒涛の攻め込みを見せるも、粘り強いアーセナルの守備陣を打開することはできず、1-2で敗戦。残り2試合を残して勝ち点93にとどまったため、リバプールはこの時点でシティの最多勝ち点記録に届かないことが決定した。優勝決定後はなかなか勝ち点を積み重ねることができなかったが、それだけ優勝後の試合消化は精神的にも難しい状況であるということかもしれない。

Football ZONE web編集部

【関連記事】