Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

火災保険料、2021年1月に続いて来年度も値上げ?3年連続の値上げが囁かれる訳とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ダイヤモンド不動産研究所

火災保険料値上げのニュースが飛び交っているが、次に値上がりするのはいつからになるだろうか? 実は、2021年1月には、全国的に値上がりする見通し。今回の値上げは、2019年10月に続いて2年度連続となる。ところが、2020年に入ってからも、九州各県をはじめ広範囲で豪雨による水害がすでに発生しており、このまま被害が増えると、来年度も値上げされる可能性が高い。そうなると、3年度連続の値上がりとなり、家計への負担は大きい。保険料の値上げ負担を軽減するために、今できることはなんだろうか?(フリージャーナリスト:福崎剛) 2018年に豪雨・台風で支払われた保険金額は1兆円超え!

火災保険料の値上げは、毎年のように続いている!

 火災保険は、ご存じのとおり、住まいに万が一のことがあった場合に備えて加入するもの。賃貸では入居時に火災保険への加入が義務化されているし、住宅を購入するために住宅ローンを契約した場合にも、融資する金融機関から火災保険の加入を求められる。  「火災保険」という名称から、火災の場合にのみ補償されると思っている人もいるが、「落雷、風災、ひょう災、水災」などの自然災害や、「水漏れ、盗難」などの被害に対しても保険金が出るなど、補償範囲は幅広い。 【関連記事】>>火災保険のおすすめの選び方・入り方を徹底解説!火災保険の補償内容とは?  自然災害による損害でも保険金が出るということは、自然災害が増え、被害額が大きくなると、保険会社が支払う保険金が増えるということ。近年、自然災害の増加によって、保険会社は、多くの保険金を支払っている。  では、ここ数年でどれぐらいの保険金額が支払われてきたのだろうか? 2013年度から2019年度までの主な災害と、支払われた保険金を一覧にしたのが次の表だ。  ここ数年の主な災害の特徴として、台風や豪雨が多いことが分かる。保険金の支払い額は毎年1000億円を大きく超え、2018年度にはついに1兆円を超えて1兆3578億円となった。  こんなにも災害が増えてしまっている原因は、地球温暖化による異常気象だと言われているが、今のところ地球温暖化の流れを止めることは難しく、これまでにない気象変化が世界中で起きている。最近は、想定外の災害が増えてしまったために、保険金の支払い額は増加し、契約者が支払う火災保険料もどんどん値上がりする……という状態がつづいている。  大手損害保険会社4社(東京海上日動火災保険、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険)は、ここ数年、火災保険料の値上げを繰り返してきた。 ■損害保険会社大手4社※の火災保険料値上げ率推移 ・2015年10月 2~4%アップ ・2019年10月 6~7%アップ ・2021年1月  6~8%アップ(予想) ※(東京海上日動火災保険、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険)  火災保険料は、都道府県や建物構造、契約内容によって料金が異なるのだが、今回の値上げで、なんと31%以上も火災保険料が高くなってしまうケースもあるのだ。 【関連記事】>>火災保険が2021年に最大31%の値上げ! 値上げの実態と、保険料を安くする方法を解説!

【関連記事】