Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

うねり毛・ペシャ髪の原因と美髪のためのケア方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経ARIA

髪がうねるのは、「頭皮のゆがみ」と「髪の粗しょう」が原因だった! あなたの髪のうねりやぺシャ髪になってしまう理由をお伝えします。 【関連画像】頭皮ゆがみとりマッサージの基本 1. 耳上から頭頂部へ ⇒ 2. 生え際から頭頂部へ ⇒ 3. 後頭部は両サイドから頭頂部へ ・うねり毛・ペシャ髪の原因と美髪のためのケア方法 ←今回はココ! ・スカスカ髪の密度を高めるケア 鍵はたんぱく質と油分 ●まずは髪のうねりの原因を知ろう  「髪のうねりには大きく2つの原因がある」と話すのは、美髪アドバイザーの田村マナさん。そのひとつが今回の取材で新たに分かった「頭皮のゆがみ」だ。  「頭皮も肌同様、加齢でたるむ。それに伴い頭皮が薄くなり、本来丸い形をしている毛穴が縦長に変形し、これがうねりの一因になると考えられる」と、松倉クリニック&メディカルスパの田路めぐみ医師は説明する。「毛穴が変形すると毛根にも影響が及び、毛母細胞の働きが弱まって、真っすぐで丈夫な髪が育ちにくくなる」(田路医師)。  もうひとつの原因が、ヘアカラーやパーマ、日々のケアによるダメージで髪内部がスカスカになる「髪粗しょう」だ。「湿気が多いと傷んだ部分に水分が入り込んで髪が不均一に膨張し、うねりやすくなる」(田村さん)。  また、クラシエホームプロダクツの研究で、うねり毛の内部ではたんぱく質と脂質の分布に偏りがあることが確認されている。「髪内部の脂質と水分のバランスを保つことがうねり予防につながる」(クラシエホームプロダクツ ヘアケアマーケティング部の久保田いづみさん)。  理想のサラツヤ髪をキープするカギは、頭皮と髪の2本立てのケア。もう少し詳しく、うねり・ペシャ髪の原因を確認しながら、ケア方法を見ていこう。

原因1・頭皮のゆがみ

 肌のたるみと同様に、頭皮も年齢とともにハリや弾力が失われていく。また、血行不良や紫外線の影響、まとめ髪など頭皮を引っぱることによる毛根への負担、ストレスや栄養不足なども頭皮のゆがみを招く一因となる。 【Check】こんな人は要注意! □ 夏でも冷えやすい □ 甘いものが好き □ 夏、日傘や帽子を使用しない □ 髪を結ぶことが多い □ 頭皮が手で動かない ◆頭皮がゆがむと髪がうねるのは?  頭皮の弾力が失われて表皮が薄くなると、毛穴がだ円形に変形する。それに伴い毛根も斜めにゆがみ、髪がうねる。また毛細血管が細くなり、毛母細胞に栄養が十分に届きにくくなるため、新たに生えてくる髪は細くなりやすい。 ◆解決策 たった2分のマッサージで頭皮はこう変わる! 1. 血流UP! 頭皮をしっかり動かすことで血流が良くなり、毛母細胞に栄養が行き渡る。頭皮を支える筋肉や筋膜の力も高まりゆがみを防止。 2. 毛母細胞を活性化 毛母細胞に血液が行き届くことで、髪の成長に必要な酸素や栄養も十分に供給される。細胞分裂が活発になり、健康な髪が育つ。 3. ふっくら頭皮に! マッサージを続けると、頭皮のハリや弾力も次第にアップ。うねり毛はもちろん、抜け毛や薄毛の予防にもつながる。  比較的頭皮のやわらかい耳上からまずスタートし、次に生え際、最後に後頭部を、それぞれ頭頂部に向かって引き上げるだけ。所要時間は2分程度。1日何度行ってもOK。両手の親指以外の4本指の第一関節を使う。爪を立てず、指の腹全体で頭皮を動かすのがポイント。

【関連記事】