Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

想像以上の8時間 レンタルバイクの魅力を満喫!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バイクのニュース

バイクだからこそ得られる感覚

 初代セローを所有する筆者(藤村のぞみ)が、レンタルバイクで2018年モデルのセローをレンタルし日帰りツーリングに出発しましたが、道中で立ちゴケをしてしまい、しかし補償オプション((※免責オプションは1事故に対して補償する内容です)でカバーができてトラブル時の安心まで体験しました。 【画像】レンタルした「セロー250」で篠山城跡前へ!(14枚)  気を取り直して一路、目的地の丹波篠山へ向かいます。本当は昼過ぎには丹波篠山中心部に到着し、美味しいお蕎麦を食べ、できれば友人のカフェも訪れたかったのですが、道を間違えたり、立ちゴケをしたり意外と時間がかかってしまい、まずは目的地に着きたい思いを叶えるべく篠山城跡へ向かいました。    その日の大阪の天気予報は終日晴れでしたが、丹波篠山市に入った頃からポツポツと雨が降ってきました。カッパなどの持ち合わせはなく、シトシト降る雨になす術もなく、少し濡れたかな、と思った頃、篠山城跡に到着。本日初めての達成感です。

 その時点で午後2時を回っていましたが、まずは城跡でゆっくり過ごすことにしました。丹波篠山の町並みや文化は京都の影響が色濃く反映されていて、訪れるたびに凛とした「上品」さを感じます。堅牢な石垣に圧倒されながら二の丸御殿跡庭園へ。街を見下ろし悠久の時に想いを馳せます。    天守台より丹波富士を眺め、青山神社にお参りしてひとときを過ごしました。雨は終始シトシト降っていましたが、ここで感じる雨はなぜか違和感がなく、濡れることも自然に受け入れられます。それもバイクに乗ってきたからかもしれません。バイクに乗ると、体の感覚がすこし変わります。

心強いスタッフのサポート

 城跡を出てお堀の周りを走ると、そこも趣のある建物が多く、素敵な景色が見られます。大きな蓮の葉が美しく揺れていて、バイクを停めて眺めていると、地元の方があそこに蓮の蕾が見えるよ、数日したら咲くだろうね。そんな話を聞かせてもらい、この場所の美しさや心地よさ、お話しの温かさにすっかり心が満たされ時間も経ってしまったので、そろそろ帰路に着くことにしました。  来る時に走りたかった173号線はとても走りやすい国道でしたが雨で服が濡れていてメチャメチャ寒い! 久しぶりに震えながら走りました。途中でお蕎麦屋さんがあれば寄りたかったのですが、唯一見つけた「道の駅 能勢」も残念ながら定休日。山間部を抜けた頃、目に飛び込んできた「ミニストップ」に迷わず駆け込みました。    停めたセローが見えるカフェスペースでホットコーヒーとアメリカンドックを頬張りやっと生き返りました。    そろそろ旅も終わりに近づきます。レンタルバイクはガソリン満タンでの返却となるので、「YSP大阪箕面」のすぐそばのガソリンスタンドで給油しました。2.7リッター入り、トリップメーターは 117.1kmなので燃費は43.3リッターです。さすがセロー、すごくいいですね!

【関連記事】