Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トータス松本も動画コメントで登場! DOBERMAN INFINITY、「ガッチだぜ!!」MV公開記念オンライントークセッションが大盛況

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

■DOBERMAN INFINITYが、ウルフルズの1995年の大ヒット作「ガッツだぜ!!」をリメイク!「コロナがあけたらお酒でも飲みたいです」(トータス松本) DOBERMAN INFINITYが、ウルフルズの1995年の大ヒット作「ガッツだぜ!!」をリメイクした、令和に贈る新応援ソング「ガッチだぜ!!」のミュージックビデオを解禁。これに伴い、『「ガッチだぜ!!」ミュージックビデオ公開記念トークセッション』が、9月8日20時よりLDH Records YouTube公式チャンネルにて公開された。 【動画】DOBERMAN INFINITY「ガッチだぜ!!」MV/「ガッチだぜ!!」MV公開記念オンライントークセッション なお、楽曲については、同タイミングでTikTokのみで配信される。 トークショーには、原曲「ガッツだぜ!!」を生み出したウルフルズのトータス松本より動画コメントも寄せられ、DOBERMAN INFINITYも大いに盛り上がった。 ■外出自粛期間もメンバーは仲良くやり取り 最近、何をして過ごしていたのか、という質問に対して、GSは「“ガッチ”り自粛していました。 楽曲の制作をしていたり、全国ツアーが中止になりましたが、ネガティブにならずにポジティブなことを発信していきたいと思っています。この『ガッチだぜ!!』という曲で前向きな気持ちになってくれるとうれしいです」とコメント。 また「リモートでやり取りしていたから、久々感はなく、グループLINEで毎朝体温測って、共有しています」とコメントし、メンバー間の仲の良さが伺えた。 ■「ガッチだぜ!!」への熱い想い GS「ウルフルズさんの曲は小さいときからカラオケで歌っていて、おちゃらけている感じもありながら、実は強いメッセージがあるところがすごい共感できます、今回、名曲をアレンジさせていただけたのは光栄です。この時代に、自分たちの『ガッチだぜ!!』が、オリジナルを超えるパワーを持って伝えていきたいです」 P-CHO「(歌詞を)DOBERMAN INFINITY風にどうアップデートするか、プレッシャーはあったが、今の時代っぽく生まれ変わらせることができたのでは」 トータス松本「『ガッツだぜ!!』はこれまでいろいろな方たちに歌ってもらい、カバーもしていただき、自分たちもコンサートで毎回歌い、ありがたいことに25年感歌い継がれ、今回もこうして替え歌として披露してもらい、本当にありがたいことです」 ■メンバー全員で考えた歌詞 KAZUKI「『ガッツだぜ!!』は1フレーズ1フレーズがすべて完成されているので、皆でスタジオに入り、歌詞をホワイトボードに書きながらディスカッションして作りました」P-CHO「オリジナルの歌詞に出てくるワードもユニークだったので、 僕たちもラッパーとしていいライミングを生み出したかった」 GS「DNAを受け継いだ状態で、面白く聞こえるけど、内容としては、勇気・元気を与えら れるようなオリジナル感にこだわりました」 KUBO-C「元気をもらえる、僕らっぽい歌詞がいろんなところに埋まっているので、楽しみながら元気になれる曲に仕上がったのでは」。 ■トータスからのお誘いにDOBERMAN INFINITYも感銘! トータス松本からの印象を当てるクイズのコーナーでは、正解として届いたコメントに 「初対面だったんですけど、気さくな兄ちゃんみたいで、ずっと関西の話で盛り上がっていました。コロナがあけたらお酒でも飲みたいです」とのメッセージに、DOBERMAN INFINITYメンバー一同、感銘を受けていた。 ■今年にガチでチャレンジしたいことは!? P-CHO「カレーをスパイスから作ったり、料理に挑戦したいです」 GS「DIYです。やったことはないけどアメリカンハウスみたいなのを、いつか建ててみたいです」 KAZUKI「早寝早起きです。食事もバランスよくして、健康体になろうと思います」 SWAYは「油絵とかに興味があります。世の中のことだったり、ニュースを観て思ったことをメモに書き溜めているので、それをテーマに絵を描いてきたいです」 KUBO-C「いかだで川下りをやりたいです、冒険がしたいです」 ■「ガッチだぜ!!」に込めた思い SWAY「『ガッツだぜ!!』という素晴らしい曲がある中で、僕たちのヒップホップという形で『ガッチだぜ!!』が誕生しました。大変な時期ではありますが、日頃のパワーになるような一曲にできたと思います。最近、外に出ることもできず、マイナスなことも多いですが、楽しく過ごすことでプラスになりますし、この時代を吹き飛ばせるような、リスナーの皆さんがポジティブになれる一曲になってほしいです」

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】