Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サザン無観客ライブ約50万人視聴「いつになればコロナが…」『勝手にシンドバッド』替え歌で終息願う

配信

中日スポーツ

国内配信ライブ最多!約18万人がチケット購入

サザンオールスターズが42回目のデビュー記念日の25日、横浜アリーナでバンド史上初めての無観客ライブを行った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、社会全体に閉塞(へいそく)感が漂う中、エンタメの世界から復活ののろしとも言える一大イベント。ABEMAなど8つの大手配信メディアが午後8時から一斉に中継、国内の配信ライブでは史上最多のチケット購入者約18万人、推定約50万人が視聴した。  「サザンオールスターズ 特別ライブ2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」と題したライブで、桑田佳祐(64)らメンバーは、1曲目「YOU」から全開のステージ。「希望の轍」では、「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう」と歌詞を替えて歌った。天井から客席の床まで何本も伸びる照明の柱、ステージ真上からのカメラアングルなど、無観客ならではの見せ場もふんだんだ。  桑田は、「お陰様で今日、42周年を迎えました。日々戦っていらっしゃる医療従事者、行政の方々に感謝と敬意を深く表して横浜アリーナからライブをやらせていただきます」と宣言した。  全年代のヒット曲が次から次と繰り出され、原由子(63)と桑田がデュエットした「シャ・ラ・ラ」では、「早くまたみなさんにお逢いできますように」とのメッセージが映し出され、「真夏の果実」では客席に置かれたリストバンドが光った。「東京VICTORY」では、客席後方に聖火台が登場、本物の炎が燃え盛る中、メンバーとともにステージ袖やPA席のスタッフもマスク姿でこぶしを突き上げる姿が映し出され、感動的な一体感に包まれた。  「マンピーのG★スポット」では水着ダンサーが、桑田とは距離を置いてのダンス。桑田は、アマビエをあしらい「疫病退散!!」と書かれた「ヅラ」をかぶってボルテージは最高潮に。デビュー曲「勝手にシンドバッド」では、「いつになればコロナが 終息するのかな!?お互いにそれまでは グッと我慢の暮らし 続けましょう!!」と替え歌に。サンバダンサーらが客席いっぱいに広がって、最後まで無観客と感じさせなかった。  桑田は、最後に「手を洗うと気持ちがすごく楽になります。早くワクチンを作っていただきたいと我々も切に願っております。それまで皆さんお元気で、キープスマイリング」と語りかけて、日本中に感謝と元気を伝えるゴージャズな2時間を締めくくった。  この日の収益の一部はアミューズ基金を通じて医療機関に贈られる。

【関連記事】