Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

信頼とは自己、相手、相互を理解すること。リーダーのための「聞く力」の基本

配信

ライフハッカー[日本版]

リーダーにとっての最強のスキルは、「聞く力」。 『「聞く力」こそがリーダーの武器である』(國武大紀 著、フォレスト出版)の著者は、そう確信しているのだそうです。 なぜなら「聞く力」とは、「相手を理解する力」だから。逆にいえば、会社組織で起こる人間関係の問題は、すべて「相手に対する理解不足が原因」だということ。 事実、「上司が部下の話を聞かない」「経営幹部が現場の話を聞かない」など、あらゆるところでコミュニケーションが崩壊しているのではないでしょうか? そこで本書では、日ごろ多くのリーダーが悩んでいる「部下との関係」や「部下の育て方」「リーダーの成長」などの解決策を、現場で起きている実例を交えながら紹介しているわけです。 「聞く」という一見シンプルで受動的にも思える行為が、いかに能動的で奥が深く、人を動かし、人を成長させるほどのパワーを持っているか、その神髄を学んでいただけると確信しています。(「はじめに」より) きょうは第2章「リーダーのための『聞く力』の基本」のなかから、「なぜ、話を聞いても信頼関係が生まれないのか?」をクローズアップしてみたいと思います。

「聞く」とは相手を理解すること

信頼関係を築くうえで最も大切なのは、「聞く」こと。とはいっても、ただ聞くだけでは信頼関係は生まれないとも著者は指摘しています。 信頼関係をつくるには、「聞き方」と「信頼関係の基本構造」を知っておく必要があるというのです。 まず、やってはいけない聞き方が、信頼関係を損なう「自分本意な聞き方」。 相手のことを聞こうとせず、自分に必要な情報を引き出そうとか、あるいは自分の正しさを証明するために相手の弱点を聞き出そうとするようなアプローチです。 (部下)「田中課長、今度の新しい企画について相談したいのですが」 (上司)「あ、その企画の概要を教えてくれる?」 (部下)「あの、ご相談したいのは企画の内容ではなくて……」 (上司)「まず、概要を聞かせてくれ。でないとコメントもできないから」 (部下)「……いえ、そうではなくて……」 (65ページより) たとえばこのケースでは、部下がしたかったのは「新しい企画のメンバーから外してほしい」という相談。 ところが上司は、自分の知りたい情報を伝えてくれと自分本位な聞き方をしたわけです。そのため部下は、相談すらできなかったということ。 上司としては部下の話を聞いているつもりなのでしょうが、このような聞き方では、部下と信頼関係を築くのは困難。 信頼関係をつくりたいのであれば、「聞き方」の基本は「相手を理解しようとする姿勢で聞くこと」だということです。 「聞く」には、「相手の話を聞く」という“話の内容面”と、「相手の気持ち(感情)を聞くという“心理面”があるもの。 相手を深く理解するためには、この2つの側面をフォローすることが大切だという考え方です。(64ページより)

【関連記事】