Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤野社長の一声でHondaJetが飛んだ!? G-SHOCKグラビティマスター特別コラボの開発秘話を聞いてきた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MonoMax Web

G-SHOCKの中で、HondaJetが航行している!?

2020年7月、G-SHOCK×HondaJetの特別コラボとして発売された「グラビティマスター GWR-B1000HJ-1AJR」。「新しい挑戦の連続だった」という開発秘話をインタビューしてきました!

双方のファンから熱視線が注がれる注目の両巨頭!

開発の経緯をひもとく前に、ベースモデル「グラビティマスター GWR-B1000」のおさらいから。 特定の環境下における優れたタフネスを提供する「マスター・オブ・Gシリーズ」の中で、衝撃力・遠心重力・振動の重力加速度に 耐えるトリプルGレジストなど、“空“の領域における有用性を発揮したのが「グラビティマスター」です。その最新バージョンが、2019年3月に発売された「GWR-B1000」。耐衝撃性・剛性・耐劣化性に優れたカーボン素材を採用し、G-SHOCKではじめてケースと裏蓋を一体化させた「カーボンモノコックケース」を採用したことでも大きな話題になりました。ドイツのiFデザイン賞2020も受賞しています。 コラボ相手のHondaJetは、あの世界のホンダの米国子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーが生み出した小型ビジネスジェット機。社長兼CEOは、創業者・本田宗一郎のホンダイズムを継承する藤野道格氏で、藤野氏自らが研究開発やデザインも指揮しています。主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体といった独自技術によって、最高速度・最大運用高度・上昇性能・燃費性能・静粛性などクラス最高水準のスペックを実現。航空機の新しい形態を切り拓いたと、数多くの賞を受賞しています。小型ジェット機カテゴリーにおける出荷数は同機の代名詞的存在だったあのセスナを抜き、2017年から3年連続で世界一を達成しているほどです。

空への熱い想いを秘めたG-SHOCK「グラビティマスター」とHondaJetによるランデブー。「GWR-B1000HJ-1AJR」は、時計ファンだけでなく航空機ファンからも熱視線が注がれているんです。

【関連記事】