Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福士蒼汰『DIVER』撮了に達成感 “密”は避けつつ「濃密な時間」過ごす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の福士蒼汰が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(毎週火曜 後9:00)の最終回(第5話/20日放送)を前にクランクアップを迎えた。みどころとなる緊迫したシーンを撮影し終えたところに共演の安藤政信と野村周平が花束とプレゼントを持ってサプライズ登場。福士をねぎらった。福士は「皆さんのおかげでとても楽しく演じることができました。密を避けるべき時に濃密な時間を過ごさせていただいて、ありがとうございました!」と達成感をにじませた。 【ソロカット】クランクアップを迎えた福士蒼汰  今作は福士演じる主人公の黒沢兵悟が、兵庫県警に秘密裏に結成された『潜入捜査官チーム』(通称“D班”)の一員として犯罪組織に潜入し、ともすれば命を落としかねない特殊な捜査で情報や証拠をつかむ物語。「悪を駆逐するためには手段をも選ばない」という兵悟の姿が「悪とは、正義とは何か」を問いかけるノンストップサスペンス。    さらに、福士と共にD班メンバーを演じた、野村、片瀬那奈、浜野謙太も続けてクランクアップ。元自衛官の佐根村将を演じた野村は「1年ぶりのドラマ撮影だったので、最初は緊張しましたが、無事に感覚も戻って楽しくやらせていただきました」と、留学からの帰国後初となる今作に手応え。「将は元自衛官なので、体づくりや格闘技はこだわりました。福士くんが食事制限をされていたので、僕だけバクバク食べててもあかんかなと思って、つられて僕も食事制限をしていました(笑)」と役柄同様、切磋琢磨したそう。  闇医者・皆本麗子を演じた片瀬は「すごく和気あいあいとした、濃いチームで撮影できたなと思います」と振り返り、ホワイトハッカー・宮永壮一を演じた浜野は、「宮永はお菓子をよく食べているので、お菓子の使い方にはこだわりました(笑)。お菓子だけ子どものころ与えられて育ったんだろうな、という宮永を演じているので、そこが伝わるとうれしいです (笑)」と注目ポイントを紹介していた。

【関連記事】