Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一つ一つ丁寧に…日本一の産地・小豆島でオリーブの収穫 香川

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 日本一のオリーブの産地・香川県小豆島でオリーブの実の収穫が始まりました。

 道の駅小豆島オリーブ公園では約2000本のオリーブの木が植えられています。  23日朝から、職員7人でオリーブの実を一つ一つ丁寧に摘み取っていました。  収穫しているのは「マンザニロ」という新漬け用の早生(わせ)の品種です。 (道の駅小豆島オリーブ公園/中塚昭仁 事業部長) 「8月からほとんど今まで雨という雨が降っていないので、水やりを並行して収穫しているという状況です」

 小豆島町の今年8月の合計降水量は3.5ミリで、観測史上2番目に少ない記録的な少雨でした。  23日は夕方までに約100キログラムを収穫しました。収穫したものはこの後、塩水に漬け込み「オリーブの新漬け」として10月10日から販売を開始します。  今年は、全体で約15トンから16トンの収穫を見込んでいるということです。