Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【詳細】「Go To トラベル」対象は?予約済み分も後日還付へ 懸念される新型コロナ感染再拡大誘発

配信

FNNプライムオンライン

35%分は代金から割引 15%分はクーポンで

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光・飲食・イベント業界など向けに、政府が行う需要喚起策「Go To キャンペーン」。 【画像】1泊2万円と5万円の場合どうなる?支援額の例 このうち観光・旅行分野が「Go To トラベル」だ。担当する観光庁が、詳しい内容を発表した。 この事業は、国内旅行をする人に代金の50%相当額を支援するというものだ。支援額の7割にあたる35%分は旅行代金から割引され、残り3割にあたる15%分が旅先の土産物店や飲食店、観光施設などで使えるクーポンとして配られる。 海の日からの4連休の前日にあたる7月22日から開始されるが、クーポン配布は準備が間に合わず、9月以降に本格実施される方向だ。

個人で手配した交通機関分は対象外

「Go To トラベル」の対象となるのは、宿泊旅行の場合、「宿泊と交通機関を組み合わせたセットプラン」もしくは「宿泊」の代金だ。 旅行代理店や予約サイトで申し込んだり、宿泊施設で直接予約した場合に適用され、個人で手配した交通機関の代金は対象外だ。ただし、クルーズ・夜行フェリー・寝台列車などは、宿泊に準ずるものとして、割引範囲に含まれる。 「日帰り旅行」商品も対象だが、「往復の交通」と「旅行先での食事や観光体験」とが組み合わされていることが条件となる。 1人の上限額は、1泊あたり2万円。日帰りの場合は1万円だ。泊数に制限はない。 例えば1泊2日の旅行に出かけ、旅行代金が1人2万円の場合、支援額は50%に相当する1万円だ。うち、7000円分が代金から割り引かれ、9月以降は、旅先で使えるクーポンが3000円分もらえる見込みだ。 1人5万円の場合、代金の半額は2万5000円だが、1泊あたりの上限2万円が支援額となる。うち、1万4000円分が代金割引で、6000円分がクーポンで付与されることになる。

予約済みの分はあとで還付

割引価格での販売は、旅行代理店や予約サイト、宿泊施設の予約システムなどで、準備の整った事業者から7月27日以降、順次始まるが、それまでに予約した場合も支援を受けられる。 旅行後に領収書や宿泊証明書などを添えて、オンラインか郵送で事務局に申請を行い、口座振り込みやクレジットカードへの返金で割引分の還付を受ける流れになりそうだ。 確保されている予算は、事務委託費を含めて1兆3500憶円。何回でも利用できるが、予算を使い切れば終了する見通しだ。

【関連記事】