Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【いよいよ刑務所へ】元ヤクザ、留置所で「裸検診」の後、オカマと出会い、実刑2年2カ月

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 元ヤクザでクリスチャン、今建設現場の「墨出し職人」さかはらじんが描く懲役合計21年2カ月の《生き直し》人生録。カタギに戻り10年あまり、罪の代償としての罰を受けてもなお、世間の差別・辛酸ももちろん舐め、信仰で回心した思いを最新刊著作『塀の中はワンダーランド』で著しました。前回は拳銃をめぐる白熱の司法取引の応酬。今回は、元ヤクザがいよいよ留置所へ。「ケツ広げ」の裸検査の恥辱を受けながらも、オカマとの出会い、そして・・・実刑2年2カ月! 舞台はいよいよ刑務所編へ続きます。 【いよいよ刑務所へ】元ヤクザ、留置所で「裸検診」の後、オカマと出会い、実刑2年2カ月 ■留置所のオカマ「私、一人じゃ寂しいわ~ん」   留置場のエリア内に入ると、鉄扉の内側にいる留置人たちの食後の喧騒がボクの耳を襲った。二人の担当がその場でボクの手錠と腰紐を外し始めた。すると、鉄扉の裏側から野太いオネエちゃんの声が聞こえてきた。  「ねぇ、ねぇ、新入りさんが来たんじゃない。ねぇ~担当さーん、いい男なら私の部屋に入れてくださ~い。私、一人じゃ寂しいわ~ん。お願いしま~す」  その声にボクが驚いていると、苦笑した担当がオカマの科(しな)をつくりながら、「うちの留置場には〝これ〞がいるんだ」と言って、手の甲を頬に当てて見せた。  ボクは、これから長くなる留置場生活も飽きないだろうなと思った。  手錠を外され、ガランとした保健室へ連れて行かれると、担当が床にゴザを広げた。  「着ている物、全部脱いで裸になって……」  ボクは言われるままに裸になった。  「はい、こっち向いて。口を開けたら舌を出して……」  担当から言われるまま向き直り、口を開けて舌を出した。担当がその口の中を背伸びをして覗いた。  「よし、次、後ろを向いて前屈みになり、股を開けてケツを広げて……」  ボクは言われるまま後ろを向き、前屈みになって両手で無様に尻を広げた。  この新入りのときの儀式は何回やっても屈辱的だった。この裸検診は新入りが身体に何か隠匿していないか調べるのである。中には尻の間にシャブや注射器をガムテープで貼り付けているジャンキーもいたりするから驚く。そうかと思えば、女物の下着を何枚も身に着けている変態野郎もいる。担当たちは、何も好き好んで被疑者の裸検診をしているわけではないのだ。  一通りの手続きが終わると、用意されてあった冷えた官弁(夜飯)を、生ぬるい白湯(さゆ)で胃に流し込んだ。そのあと、ボクは居住区に通じる境界線の鉄扉を開けて中に足を踏み入れた。居住区内は入口から左に弧を描くように、右手中央にある担当台を中心に放射線状に部屋割がしてあった。  ここはドイツ式監房であることから、大小まちまちの造りになっていて、部屋数は入口脇の一房から六房まで並び、六房は少年犯罪の少年房となっている。少年房には衝立が立てられ、成人房の留置人たちが覗いてちょっかいを出さないよう、配慮がしてあった。大人の毒牙に冒されないようにとのことなのだろう。  ボクが入ってきたので、留置人たちは好奇な目で鉄格子の周りにまとわりつき、ジロジロとボクを見ていた。食後であっただけに、皆、どこの部屋の房も活気づき、ざわめいていた。ボクは一房と書かれた部屋の鉄格子の間から大きな顔を押しつけているヒラメ顔の留置人と間近で遭遇した。  「こらっ、また、いい男だと思って見ているな。変なこと言うんじゃないぞ」  ニヤつきながら、担当が一房の住人に言った。すると男は、扁平な顔にくっついているヒラメのような小さな目をパチパチさせながら、担当を見上げた。  「あら、担当さん、焼きもち焼いているの? でも、いい男じゃな~い。担当さんが入ってくるって言っていたから、私、もっと中年のクソ爺イを想像していたわ。でもこの方、可愛そう、こんなところに来ちゃって……。担当さん、私、独りじゃ淋しくて死にそうだわ。だからこの方、私のお部屋に入れてくださらない。私の燃えるこの腕で抱き抱きして慰めてあげたいのぉ~」  担当はニヤニヤしながら、ボクは半なかば呆れた顔で、滔々と喋るヒラメ男の顔を眺めていた。  「きゃー、私、はしたないことを言ってしまったわぁ~、恥ずかしいわ~、顔から火が出るじゃな~い」  ヒラメ男が急に両手で顔を覆い、さも恥ずかしそうに後ろを向いてしまった。  途端に他の部屋からドッと笑い声が巻き起こる。ヒラメ男はオカマにしては規格外の顔で、よくもまあオカマになったなというくらい、桁(けた)外れに不細工な顔である。

【関連記事】