Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「真っすぐは誰にも負けたくない」直球で押しプロへアピールした帝京大可児・加藤翼

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

“ハプニング”にも動じず

 猛暑から一転、突然のゲリラ豪雨だった。プロ志望高校生合同練習会の2日目(8月30日、甲子園球場)は、シート打撃で投手が残り5人(全体でA、B組の合計で32人)となったところで中断となった。  投手陣は初日、ブルペン投球をしたが室内練習場で行ったため、物理上、NPBスカウトは非公開であった。つまり、投手陣のアピールの場はこのシート打撃がすべてであった。  選手たちは室内練習場へ移動し、約1時間のインタバルを経て、シート打撃は再開された。「あと1人」で控えていた帝京大可児高の153キロ右腕・加藤翼も、この“ハプニング”と直面する形となった。つまり、甲子園のマウンドを踏み締めることができなかったのだ。 「チームとして甲子園に出場できなかったので、楽しみにしていたので、残念です。ダイヤモンドにすら入れなかったのは寂しい。でも、プロでもやっている球場で練習できたことは良い経験。プロになって、あのマウンドに上がれるようにしたい」  加藤は逆境に強かった。自身の進路を左右するかもしれないシート打撃に、集中力を切らさなかった。 「すでに肩もできている状態でした。体がかたまり、気持ち的にも……。でも、自分のやることは変わらない。室内へ移動してからストレッチして、キャッチボールも一から作り直しました」  打者5人に対し2奪三振。先頭打者であった大阪桐蔭高・西野力矢を空振り三振に斬って取り、勢いに乗った。室内のため計測表示はなかったが、150キロ近くは出ていた可能性がある。取材陣は大型ビジョンを見ながらの取材となったが、その画像からもボールのキレ、伸びは抜群であった。 「やっぱり、西野選手との対戦は楽しみにしていたので、最後のストレートも結果的に(高めの)ボール球ですが、その分、スピンが利いていたので振ってくれた。自分の持ち味はスピンの利いた真っすぐ。変化球を織り交ぜながら、それを前面に出していく。理想に近いピッチングができました」  言うまでもなく、合同練習会はアピールの場。加藤はほぼストレートで押した。その理由からもプロへの意気込みを感じる。 「ここに来る以上、自分の自信のあるボールで抑えようと。想定していたことです」

【関連記事】