Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

青山繁晴~憲法9条の改正によって拉致被害者を取り戻せる可能性が生まれる

配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月12日放送)に自由民主党参議院議員の青山繁晴が出演。今国会で初めての実質的な審議となる拉致問題特別委員会の開催について解説した。

拉致問題の特別委員会、12日開催へ

拉致被害者である横田めぐみさんの父、滋さんが6月5日に亡くなったことなどを受け、衆議院では拉致問題に関する特別委員会を開き、今国会では、初めて実質的な審議を行うことになった。 飯田)拉致問題特別委員会、これは国会召集日以来、今国会で開かれていなかったということであります。 青山)僕は参議院の拉致問題特別委員会の理事です。それで、なぜなかなか開けないかというと、大きな理由は、担当大臣が実質2人いらっしゃる。メインは菅官房長官で、もう1人は外務大臣。そのお2人が他の委員会にお出になることが多いところを、こちらに出てもらうというのはなかなかできなくて、実は一旦、今国会では見送りになった。それではおかしいという意見が与野党を超えて、理事のなかでも高まり、まずは衆議院でやることになったのです。参議院の方は12日に理事同士の話し合いをやり、15日に開けそうな見通しです。

委員会を開かないことは北朝鮮への誤ったメッセージを送ることになる

青山)特別委員会は拉致問題を扱う国会のなかの専門の委員会ですが、やっていて、大臣がおいでになれないということだけではなく、苦しいですよね。相手先の北朝鮮と議論したり、交渉したりということが実質できない状態です。そのなかで、大臣の答弁もいつもと同じ話になりかねないというのは深刻なことです。ただし、委員会を開かないということは、北朝鮮への誤ったメッセージになってしまうので、今国会でまずは開くということです。 飯田)メールもいただいていますが、“ザヴォイスガキッカケ”さんから。この方は東京都大田区の57歳男性の方です。「やはり、横田滋さんのことを伺わせてください。亡くなったあと、ご家族が記者会見をしました。各社報道をしていませんでしたが、大半のテレビ局が報道していなかった拓也さん、哲也さんのお話。双子の、めぐみさんの弟にあたる方々ですが、総理への批判に対し、批判している一部マスコミや政界に対しての批判とも取れるお話をされていました。ここ40年間、政治の方も動いて来なかったこともあるし、メディアも北朝鮮がそんなことをするなんて、というような対応だったではないか、という指摘でありました。青山さんはこのお話を聞いて、どのような感想をお持ちになったでしょうか? この話をしてすぐに解決ということはないと思いますけれども、我々日本人がご家族の思いに心を寄せることが大事だと思います。新型コロナで政府主催の集会などが軒並み中止となって、拉致が風化しないか心配しています」と。

【関連記事】