Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【海外競馬】重賞連勝なるか、美人騎手ミシェルが伊G2に騎乗「ワクワクしています」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 現地時間20日にイタリア・ミラノのサンシーロ競馬場で行われるフェデリコ・テシオ賞(3歳上・G2・芝2000m・8頭)に、M.ミシェル騎手がヴァルデルベ(牡4)で出走する。  ヴァルデルベはドイツ産馬で同国のR.ローネ調教師の管理馬。前走7月12日イタリア・ローマのカパンネッレ競馬場で行われたカルロ・ダレッシオ賞(伊G3・芝2400m)で、M.ミシェル騎手とのコンビで重賞初制覇を挙げて以来の出走となる。 馬番と枠順は以下の通り。( )内は性齢、騎手、厩舎、主催者発表レーティング。 1-4 ブールヴァール(牡5、J.マルチアリス、仏・C.ロッシ厩舎、-) 2-5 ブラジリアンマン(牡4、G.モッセ、伊・N.シモンディ厩舎、105) 3-6 キープアンドラヴ(牡4、F.ブランカ、伊・A.ボッティ厩舎、93) 4-8 プレスリー(牡7、C.コロンビ、伊・A.ボッティ厩舎、95) 5-1 ロイヤルジュリアス(牡7、R.トーマス、仏・J.レイニー厩舎、109) 6-3 ステックス(牝4、M.アビク、独・R.ズバス厩舎、102) 7-7 サンダーマン(牡4、D.バルジュー、伊・A.ボッティ厩舎、101) 8-2 ヴァルデルベ(牡4、M.ミシェル、独・R.ローネ厩舎、106)  ヴァルデルベは上記レーティングでは上位評価であるが、2000mへの距離短縮がカギとなる。地元で注目されているのは、2018年のイタリア共和国大統領賞(伊G2)の優勝馬ロイヤルジュリアス。前々走6月28日のミラノ大賞典(伊G2)の2着で古豪健在を示した。  前走そのミラノ大賞典で4着と敗れたブラジリアンマンは、前々走6月7日のアンブロシアノ賞(伊G3)で1着となりヴァルデルベ(2着)を下している。前走7月12日のイタリア共和国大統領賞(伊G2)で1着となったサンダーマンも侮れない。 M.ミシェル騎手のコメント 「今回はG2への挑戦で、ワクワクしています。ヴァルデルベは、今回も調子がいいと聞いています。地元の実績馬たちが出走しますが、彼も力をつけています。  今日(前日のサンクルー競馬)、一つ勝つことができました。体調万全で、戦う準備が出来ています。頑張りますので、応援して下さい!」  発走時刻は日本時間21日1時(現地時間20日18時)。 (取材:高橋正和、編集:netkeiba)

【関連記事】