Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天才フランク・ザッパの記念すべきデビュー作、マザーズ・オブ・インベンションの『フリーク・アウト!』

配信

OKMusic

本作『フリーク・アウト!』がリリースされたのは1966年のこと。この年はビートルズの『リボルバー』、ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』、ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズの『ウィズ・エリック・クラプトン』、ボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』などがリリースされており、演奏面にしても楽曲面にしてもロックの質が高くなりつつあった過渡期にあたる。当時は新人であったフランク・ザッパ率いるマザーズ・オブ・インベンションの『フリーク・アウト!』はロック界でほぼ初めてとなる2枚組でリリースされた(ほぼと書いたのは、同じタイミングでディランの『ブロンド・オン・ブロンド』も2枚組でリリースされていたから)。ロックンロール、R&B、フリージャズ、実験音楽などがミックスされたザッパの手法は先進的すぎるために、リリース当時は一般リスナーに受け入れられなかった。しかし、彼の天才ぶりは本作ですでに開花しており、多くのアーティストに影響を与えただけでなく、その後のロックの進化を牽引することになるのである。

トム・ウィルソンの目利き

フランク・ザッパ&マザーズ・オブ・インベンションという新人が、なぜ2枚組という大作をリリースすることができたのか。また、なぜヴァーブというジャズのレーベルからデビューしたのか。それにはザッパを見出した有能なプロデューサー、トム・ウィルソンの存在があった。ウィルソンはハーバード大学を出たインテリの黒人で、卒業後すぐにトランジションというマニアックなジャズ専門のレーベルを設立し、セシル・テイラーのデビュー作にして名盤『ジャズ・アドバンス』や、サン・ラのこれまたすごいデビュー作『ジャズ・バイ・サン・ラ』(a.k.a『サン・ソング』としてデルマークからリイシューされている)をリリースするという快挙を成し遂げている。 トランジションは22枚の先鋭的なアルバムをリリースするものの経営的には失敗、会社は廃業する。しかし、彼の優れた手腕が認められてコロンビアレコードに入社し、プロデューサーとして活動する。代表的なものには初期ディランの諸作をはじめ、サイモン&ガーファンクル、ジョン・コルトレーン、ピート・シーガーのアルバムなどのプロデュースを手がけ、ディランのロックへの転向を推進したり、のちにはベルベット・アンダーグラウンドやソフト・マシーンを見出すなど、ロック界へはフィル・スペクター、ジョージ・マーティン、トム・ダウドらに匹敵する貢献をしている。