Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界最速から陥落、「上海リニア」無用の長物に?

配信

東洋経済オンライン

 世界で唯一の「高速リニアモーターカー」として商業運転を行っている上海トランスラピッド。試験走行では時速500km超を達成し、乗客を乗せた通常の営業運転でも最高時速430kmと、切符さえ買えば「誰でも世界最高速が楽しめる鉄道」として親しまれてきた。 【写真】「時速430km到達」の車内表示  ところが、新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで利用客が激減。運行は継続しているものの、今春から全列車の最高速度を時速300kmに引き下げてしまった。運行会社は理由を公表していないが、乗客が減少する中での運行コスト削減のほか、施設の老朽化などを指摘する声もある。

 最高時速300kmは、中国の高速鉄道のほか、日本の新幹線やフランスのTGVの営業最高速度よりも低い。世界最高速から一転して「中途半端な速度」で走ることになってしまった上海リニア。一方で、中国では新たなリニア路線の建設計画も浮上している。最新動向を分析してみたい。 ■時速430kmに歓声  一般的に「上海リニア」などと呼ばれる上海トランスラピッドは、ドイツの技術を導入し、1999年に開港した上海浦東国際空港と上海の市街地を結ぶ乗り物として2001年3月に建設を開始。わずか2年弱で30kmの高架線を完成させ、2002年の大晦日には中国・ドイツ両首脳出席のもと、盛大な開通式が行われた。

 「陸上を飛行する乗り物」として鳴り物入りで登場したにもかかわらず、実際に乗客を乗せての試験運行は開通式から10カ月後の2003年10月にようやく実現した。その後、空港駅で降りられない市民向け体験試乗会が2003年暮れから半年あまり実施された。  期間中は空港駅で降りられないにもかかわらず、市民が大挙して乗車体験に殺到。当時はダフ屋まで登場する大騒ぎだった。筆者も体験試乗会の際に乗車したが、時速430kmに到達するやいなや、車内に大歓声と拍手が巻き起こったことを覚えている。

 その後、2004年4月から「空港への足」として運行を開始。ただこの頃は、「2人でリニアに乗るとタクシーの方が安い」という事情があったため、始発駅の「龍陽路で降りたい」と運転手に言うと「空港まで乗せて行く、リニアなんかに乗るな」と絡まれ、ずいぶんと困ったものだった。  ちなみに、リニア運行会社webサイトに記された年表を見ると、2006年4月に正式運行開始とある。これは「商業的試運転」を通じ、台風や大雨、大雪などの悪条件下でも安全に運行できることが証明できたとして、国の所轄当局から正式竣工が認められたことを指す。

【関連記事】