Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボルトン氏単独インタビュー 台湾に米議会との連携強化を提言

配信

中央社フォーカス台湾

(ワシントン中央社)ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)が1日、中央社の単独インタビューに応じた。11月3日に控える米大統領選について、台湾は結果がどうなろうとも、台湾を固く支持する米議会の民主・共和両党議員との連携を続けていくべきだと提言した。 ボルトン氏は6月に出版した回顧録で、トランプ大統領が再選や中国との貿易合意のために、台湾や香港、天安門事件など敏感な話題への過度な干渉を排斥すると共に、中国の習近平氏に面と向かって、米国の農産物の輸入を拡大して再選を後押しするよう求めたと暴露した。 だが、民主党は中国に対して関与(エンゲージメント)政策を保ってきたのに加え、同党の大統領候補指名を確定させたバイデン前副大統領の過去の中国寄りの姿勢や息子ハンター氏の中国ビジネスを背景に、バイデン氏が当選すれば台湾にとっては比較的不利になるとの見方が広がっている。 これに対してボルトン氏は中央社とのテレビ電話インタビューで、米国は目下「政治の季節」にあり、民主党はトランプ氏が北京に対して弱腰だとみなしているため、中国関連の発言は自然と強硬になると言及。だが、野党は与党の対中姿勢を弱腰だと批判していても、自分たちが政権を握れば政策を転換させて同じことをすると指摘した。 一方で、米国は現在まさに対中姿勢を全面的に見直している最中だと強調。米国の政策立案者は過去数十年来、中国の最高指導者だった故鄧小平氏の経済改革が中国の富裕度を高め、それに伴って北京が国際社会においてより責任感のある振る舞いをし、中国内部にも民主主義がもたらされると考えていたものの、「この2つの予測はどれも外れた」との見解を示した。 これらを背景に、「民主党は中国に対して強硬になるかもしれない。これは台湾にとって重要だ。再選のプレッシャーがあるトランプ氏がどんなことをするのかについてはなんとも言えない」と分析した。 ボルトン氏は続けてこう補足する。新型コロナウイルスの感染爆発後、トランプ氏の中国に対する考えが本当に変わったのか、外部も知るすべがなかった。トランプ氏のこれまでの行為は再選にしか興味がないことを示すもので、大統領選まであと4カ月となり、トランプ氏は口先では北京に対して非常に強硬になるはずだ。「だが問題は、トランプ氏がもし11月3日に当選したとすれば、11月4日にはどんなことをするだろうかという点だ」。 過去数カ月において、米中は北京側の感染状況隠蔽や「香港国家安全維持法」の強行導入などの問題で仲違いし、双方の関係は氷点まで冷え込んだ。トランプ政権は最近、一連の対中制裁を発表。制裁措置には香港の高度な自治を侵害した疑いがある中国共産党当局者へのビザ(査証)の発給の制限や香港への防衛装備品輸出停止、軍民両用技術の輸出管理を中国と同様に制限することなどが含まれる。 ボルトン氏は、選挙が考慮すべき項目ではなくなった時、トランプ氏が再び習氏に電話を掛け、中国との貿易交渉の再開に乗り出すと信じる十分な理由が自身にはあると述べた。 ▽コロナ影響で今春の訪台を中止 蔡英文総統との面会願う ボルトン氏はまた、当初は今年3月か4月に台湾訪問を予定していたが、新型コロナの影響で中止したことを明らかにした。再び訪台できるよう期待を寄せ、蔡英文(さいえいぶん)総統や古くからの友人と面会できることを願った。 ボルトン氏はこれまで、さまざまな肩書で訪台し、歴代の総統と面会している。1999年に李登輝氏、2007年に陳水扁氏と台湾でそれぞれ面会し、馬英九政権下の2009年、2012年、2014年にも訪台した。国家安全保障担当の大統領補佐官に就任した2018年4月以降は公式訪問の記録はないが、昨年5月、訪米した李大維・国家安全会議秘書長(当時)とワシントンで会談し、1979年の断交以来初めて台米の安全保障部門トップの面会が実現した。 (徐薇婷/編集:名切千絵)

【関連記事】