Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・矢野監督 乱調の伊藤和と馬場に奮起促す「ああいうところで粘って…」

配信

デイリースポーツ

 「阪神5-9ヤクルト」(15日、甲子園球場)  期待が大きいからこそ歯がゆく映った。連勝ストップに直結した救援陣の乱調。阪神・矢野監督は「ああいうところで粘っていかないと、上(の順位)に行くって難しくなる」。同点の七回にマウンドへ送った伊藤和、そして1点ビハインドの九回を託した馬場-。岩崎、スアレスへとつなぐ役割を担う2人に奮起を促した。 【写真】マウンドで無念の表情を見せる阪神・伊藤和  3点差を追いついた直後の七回。2番手で投入した伊藤和は、1死二塁から荒木に四球を与え、青木には右前打を浴びた。「和雄(伊藤)が何とか頑張ってくれたらというのはあったんやけど」。1死満塁で村上を迎えた場面で能見にスイッチ。だが、百戦錬磨のベテランでもリーグ打点王の勢いは止められず、決勝の中前2点打を浴びた。  1点差の九回には馬場が、2死一、二塁からエスコバー、井野に連続適時打を浴びて3失点。「あと1球というところでね」。助っ人砲を追い込みながらも、勝負所で押し切れなかったことを悔やんだ。  守護神・藤川が右肩のコンディション不良で離脱中。チームとしては痛いが、新星が生まれるチャンスだ。「ああいうところでしっかり食い止めてくれれば、連勝とか大型連勝という形につながると思う」。接戦を落とした事実は痛いが、2人の巻き返しを指揮官は待っている。

【関連記事】