Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スパイウェア疑惑で炎上? 話題の『原神』を実際に遊んでみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 2020年9月28日、中国に本店を置き、日本に本社が所在するmiHoyoがPC・PS4・スマホ向けのアクションRPG『原神』の正式サービスを開始した。本作は事前登録が1000万人を記録するなど非常に注目されていたタイトルだ。 【写真】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に酷似しているとも指摘される、『原神』の世界  その一方で、リリース直後には「PC版『原神』にスパイウェアが付随しているのではないか」と悪い意味でも話題になっていた。ということで、今回は比較的リスクが少ないであろうPS4版の『原神』を実際に遊んだプレイフィールを掲載する。件の騒動にも少し触れているため、プレイしようか悩んでいる人の参考になれば幸いだ。 ・基本プレイ無料とは思えないクオリティのオープンワールドゲーム  『原神』の序盤をプレイしてみて、まず率直に感じたのは本作が無料で遊べることへの驚きだった。  広大で美しい世界はそのほとんどがシームレスに繋がっている。トゥーンレンダリングのグラフィックも美しく、高所からの眺望にはオープンワールドゲームならではの高揚感を覚えた。崖登りや「風の翼」と呼ばれるアイテムを使用した滑空もできるため、見た目以上に世界を広く感じられるのも嬉しい。ただし、崖登り・滑空の要素やグラフィックの質感などは「『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に似すぎている」という評価も多い。このあたりを許容できるかどうかもインストールの判断材料にしてほしい。  また、かわいらしいデザインのキャラクターが多数登場し、アニメのようなやり取りが展開されることも本作の魅力といえるだろう。主要キャラクターには豪華声優陣が声を当てており、ほぼフルボイスである点も評価できる。原神を開発したmiHoYoは「tech otakus save the world」をスローガンとしており、日本のアニメ文化に親しんだ人ほど本作に馴染みやすいはずだ。反対に、普段アニメを見ない人にとっては少々むず痒いと感じる作風かもしれない。 ・”元素”の相性を見極め、キャラクターを切り替えながら戦うバトルシステム  主要な登場人物はほとんどがプレイアブルキャラクターとなっている。キャラクターが加入する条件は、主にクエストの進行とガチャの二つに分かれる。いわゆる「リセマラ」も可能ではあるが、ゲームを開始してから初めてガチャを引けるようになるまでにかかる時間は長く、根気が必要となる。本作は、クエストやガチャで加入したプレイアブルキャラクター4人で小隊を作り、キャラクターを切り替えながら戦闘を進めることになる。  戦闘は、水・火・雷・岩・草・氷・風の「元素」を組み合わせたアクションとなっている。たとえば、「草」の元素を持つ木の盾を「火」で燃やすと、燃焼効果が発生して継続的なダメージを与えられる。さらに、「火」を「風」で煽り、近くの敵に引火させるといった戦略もある。扱える元素はキャラクターによって異なり、敵の弱点もさまざまだ。そのため、より有効なパーティー編成を考えるのも面白い。 ・『原神』はなぜここまで炎上してしまったのか?  ゲームとしてのクオリティは低くない本作だが、残念ながら現状では悪い意味で話題になってしまっている。『原神』炎上のきっかけになったのは、PC版のインストール・起動後に動作を開始する常駐プログラム『mhyprot2』だ。当初、この常駐プログラムは製品をアンインストールしても削除されず、「スパイウェアなのではないか」といった憶測が飛び交っていた。しかし、miHoYo側はこれをスパイウェアではなくアンチチートプログラムであると正式に否定している(参考:https://genshin.mihoyo.com/ja/news/detail/5815)。  また、炎上したもう一つの理由として、『原神』の利用規約がある。『原神』公式サイトに掲載されている利用規約には、「当社は提供された個人情報の完全なる保護を約束することはできません」といった文言がある。加えて、miHoYoの本店が所在する中国には「国家情報法」が定められており、その第七条では『いかなる組織や公民も国家の情報活動を支持・協力し、知り得た秘密を厳守しなければならない』とされている。つまり、中国の企業は政府から個人情報の開示を求められた場合、拒否できない可能性があるのだ。このような背景も、『原神』が炎上した理由のひとつといえるだろう。  ただし、個人情報の完全な保護を約束できないという点においては『原神』に限った話ではなく、多くのオンラインゲームの利用規約に同様の記述があるし、個人情報の流出を100%防ぐシステムは存在しないため、オンラインゲームをやる以上多少のリスクが伴うことは忘れずにいたい。  一方、PS4版は安全なのかというと、それも確約はできない。PS4版をプレイする際にはPSNアカウントをmiHoYo側のサーバーと紐づける必要があるためだ。その点が心配なのであれば、本作のインストールは見送るべきといえるだろう。また、個人情報の流出を本当に回避したければ、そもそもオンラインゲームそのものを遊ばずにおく方が賢明だ。今回の騒動は、「オンラインゲーム自体、ある程度のリスクを承知のうえで遊ぶものである」という事実を、今いちどユーザーに突き付ける形となったのかもしれない。

坂田憲亮

【関連記事】