Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初のオンライン開催「CEATEC」、概要を発表

配信

EE Times Japan

 CEATEC実施協議会は2020年6月30日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」の概要を発表した。開催期間は2020年10月20~23日の4日間。6月30日~7月31日まで出展申し込みを受け付ける。来場者の事前登録は9月を予定しており、参加は無料だ。また、12月31日まではアーカイブ掲載も行うという。 CEATEC 2020 ONLINEの概要 出典:CEATEC実施協議会

「ニューノーマル社会と共に歩む」

 CEATEC協議会は当初、21回目となる「CEATEC 2020」を例年通り幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催する予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響から、2020年5月に通常開催の中止を発表し、初のオンライン開催に変更することになった。CEATEC 2020 ONLINEのスローガンは、「CEATEC-Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」。コンセプトは「New Normal Society(5.0の実現と共に新たな社会への提案)」「Digital Transformation(オンライン開催ならではのDX実現の提案)」「Anytime&Anywhere(いつでも、どこからでも参加できる新たな枠組みの提案)」の3つを掲げている。  CEATEC協議会エグゼクティブプロデューサーの鹿野清氏は、「ニューノーマルと呼ばれる新たな社会、暮らしにおいて、テクノロジーは今まで以上に不可欠なものとなる。その社会に合わせテクノロジーをどう活用するかを考えることが最も重要ではないかと考えており、それはCEATECが目指すSociety5.0の世界でも同じだ」と説明。「ニューノーマル社会での仕事や暮らしの在り方を考える絶好の機会を提供したい。また、CEATECとしてのデジタルトランスフォーメーションを推し進め、オンラインによる出展社各社への新たな価値提供を実現したい」と語った。  なお、来場者、出展企業の見込みについては、初のオンライン開催のため「予測がつかない」としつつ、「2019年は来場者14万4491人、出展者787社/団体の実績があり、少なくともこれを超えたいという思いはある。個人的には移動の必要が無くなることで想像以上に来場者が増えるのではという期待もある」と語った。

【関連記事】