Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「車中泊」はいまや立派な「宿泊」! 翌日を快適に過ごせるための「寝床環境」の作り方6つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

当たり前の話だが快適に車中で寝られる環境作りが大事!

 最近のアウトドアブームは、今までアウトドアに興味のなかったユーザーを取り込む勢いで広がりを見せている。キャンプ場などでテントを貼ったり、コテージを利用したりするのがメジャーだが、昨今のコロナ禍では周辺の密を避けるべく気配りしなければならない状況が続いている。そうしたなか、屋外で寝泊りする楽しさを味わえる方法の一つとして車中泊が注目されている。 【画像】快適すぎる「車中泊」を実現する6つのアイテム(9枚)  車中泊をする上で最も重要なポイントと言えるのが快適な「寝床環境」だ。寝心地が悪いと寝不足になり、疲れてしまうこともある。そこで、車中泊で快適に眠るために必要な6つのアイテムを紹介したい。

1)寝袋は形状と素材がポイント

 車内で寝る場合、短時間の仮眠程度ならドライバーズシートを倒して運転席で眠る人も多いが、身体が痛くなってしまい運転に集中できないことがある。睡眠をきちんととるためにも足を伸ばしてラク体勢になれる、後部座席やラゲッジルームで寝袋を活用した寝泊まりが望ましい。  寝袋の形には種類がある。一般的に「封筒型(レクタングラー型)」と「マミー型(人形型)」があり、使用するシーズンや中綿にも種類がある。 「封筒型(レクタングラー型)」は、長方形をした上から下までの幅が同じタイプ。中はゆったりしており、寝返りを打てるなど布団に近い使い心地である。身体への密着度が低いため保温性は下がるが、ファスナーを調整することで暑いときは足下を開け温度調整をすることが可能だ。 「マミー型(人形型)」は身体の形に合わせた形状で、体温を逃がしにくく保温性が高いのが特徴である。寒い時期での使用や寒がりの人にオススメ。封筒型に比べ、軽く作られていることが多く、コンパクトに収納できるメリットもある。  寝袋の素材はコットン(綿)とナイロン製がある。ナイロン製はシャカシャカ音がするので気になる方はコットンがおすすめだ。中綿の種類は主に2種類、「化繊」と「ダウン」があり、ダウンは軽くて寝心地が良いが価格が高く、カビが生えやすいため保管に気を遣う。寝袋自体は比較的コンパクトに収納できる。化繊は保温性と耐久性ともに優れており、ダウンよりも低価格で購入が可能だがダウンほどコンパクトにはならない。  気になる価格についてだが、ダウンと化繊を比較すると化繊の方が安価。価格は使われている素材のほか、使用可能温度やブランドの有/無によっても変わってくる。仮に真冬といった厳しい環境下での使用を想定しないのであれば、例えそれなりの価格であってもそれなりの機能があるものがほとんど。なのでどのようなシチュエーションで使用するかをしっかり考えて素材を選ぶといいだろう。

【関連記事】