Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『るろうに剣心』驚異のアクションで漫画実写化に革命を起こした、大人気シリーズ!

配信

CINEMORE

シリーズ累計興行収入は125億円に到達

あまねく日本映画の超大作の中でも、最大級に名の通ったメガヒットシリーズ。それが『るろうに剣心』だ。 ドラマ・映画と展開した『ハゲタカ』(07/09)シリーズ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(10)で高い実力を示した名匠・大友啓史監督がメガホンをとり、本作を契機に、当代きっての人気俳優へと上り詰めた佐藤健が主演を務める。アクション監督に、ドニー・イェンの右腕として知られる谷垣健治を招聘。和月伸宏による原作漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」は、シリーズ累計発行部数7,200万部を超える(電子版含む)。最強のコンテンツに、ハイレベルなスタッフ・キャストを揃えた盤石の布陣が敷かれた。 漫画の実写化作品は、原作のイメージが念頭にあるがゆえに、その実写化にはネガティブなイメージをもたれる場合も多いが、本シリーズに関しては、原作ファンの多くも納得の完成度を誇り、興行収入・評価と共に、他の追随を許さない。現在公開されている3作品合計の累計興行収入は約125億円と、名実ともに大成功を収めている。 本来であれば、2020年の7月と8月に、最終章である第4作『るろうに剣心 最終章 The Final』と第5作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が連続公開され、列島を熱狂に包んだことだろう。しかし、新型コロナウイルスの影響により、公開時期は翌年のゴールデンウイークにまでずれ込んでしまった。ヒットを約束された作品がゆえの苦渋の決断といえるが、約6年ぶりの新作ということもあり、公開を待ち望んでいたファンの絶望は大きかったのではないか。 そこで今回は、2012年に公開された第1作『るろうに剣心』から最新作に至るまでの歩みをたどる全作品レビューをお届けする。新作を、今夏劇場で観られない事実は変わらないが、ひとつの“つなぎ”として楽しんでいただければ幸いだ。

緋村剣心というキャラクターの完璧な設計

さぁ、ではまず記念すべき第1作『るろうに剣心』(12)からみていこう。時は明治11年。幕末の動乱も収まり、文明開化の新時代を人々は謳歌していた。人助けをしながら各地を回る“流浪人”の緋村剣心(佐藤健)は、剣術道場の師範代・神谷薫(武井咲)と出会う。 彼女は、「人斬り抜刀斎」を名乗る辻斬りの風評被害に悩まされているといい、剣心も行きがかり上、薫を助けることに。しかし、実は剣心こそが本物の抜刀斎だった。暗殺者として数多くの人々の命を奪った後悔の念に苦しむ彼は、人を斬れない刀「逆刃刀」を使って命を救うことで、「この戦いの人生を完遂する」誓いを立てていたのだ。かつての自分を名乗る人物を追い、凶行を止めようとする剣心。そこに、同じく巷を騒がせる新型アヘンの密売事件が絡んできて……。 「過去の自分を封印して生きる達人」という設定は、ハードボイルドものやアクション映画などの鉄板。『イコライザー』(14)も『ジョン・ウィック』(14)もこの流れといえるし、『アベンジャーズ』シリーズの人気キャラクター、バッキー(セバスチャン・スタン)もそう。バットマン然り、光と影を行き来するキャラクターはいつの時代も魅力的で、そこに江戸/明治の時代の推移を絡めた『るろうに剣心』は、実に巧みな設定だ(原作の連載開始は1994年だが、26年経ってもいまだに人気が衰えない。まさに時代を超えた魅力があるのだろう)。原作者の和月が大のアメコミ好きであるため、その辺りの影響もあるのかもしれない。 ただ、上に挙げたキャラクターたちがダンディズムあふれる設定なのに対し、剣心は真逆。ビジュアル的にも、冷徹な暗殺者とのギャップを出すため「女性に間違われるほどの優男(身長も160センチ未満と小柄)」「口癖は『おろ?』」など、可愛らしさを重視した設定が行き届いている。佐藤の抜擢には和月の希望も大きかったというが、なるほど彼が剣心としてスクリーンに登場した瞬間の微笑ましさは、剣心の完璧な三次元化といえよう。 加えて、非常に上手いのが「頬の十字傷」だ。この由来は『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で詳しく描かれると予想されるが、剣心にとって忘れられない“事件”の跡。つまり、この傷が消えない限り、彼の贖罪の旅路は終わらない、ということを仄めかしてもいる。キャラクター設定にテーマ性を盛り込んだこのアプローチは、和月のキャラクターデザインの手腕を示している。実写化にあたり、違和感のない形で仕上げたスタッフ陣の功績も、非常に大きい。 ちなみに、原作では剣心は28歳の設定。もともと、幕末の暗殺者というところから年齢が探られたが、「少年漫画の主人公が30歳越えなのはどうか」という意見が編集担当から出たため、物語に破綻をきたさないギリギリのラインで28歳に落ち着いたという。

【関連記事】