Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オスカー新エース「小芝風花」主演「妖怪シェアハウス」最終“怪”見どころ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

彼の家に行くと、歯ブラシが2本あり、女物のパンツがある

 主演クラスがこぞって脱退する大手芸能事務所「オスカープロモーション」にあって、新エースとされるのが小芝風花(23)。超絶な性悪男に惚れた弱みで……という主演ドラマの最終回について、ライターの吉田潮氏が綴る。

 惚れた男に金を貸した女を少なくとも3名知っている。30万とか60万とか100万とか。 「もう彼への思いも金もドブに捨てた」と割り切ってはいるけれど、本当にそう思っているかどうかはわからない。銭ゲバの私なら法的手段を考えるし、歯ぎしりするほど悔しいのだが、彼女たちは諦観、悟りの境地である。  なんでこんな話をするかというと、社内恋愛の彼氏が嘘つきのクズで、仕事も貯金(86万3211円! )も奪われ、捨てられた女が主人公のドラマがあったから。今日最終回を迎える「妖怪シェアハウス」(テレ朝)である。  その女の名は目黒澪。演じるのは、オスカーの稼ぎ頭として馬車馬のように働かされている小芝風花だ。初回、澪の彼氏(柾木玲弥)の話を聞いてみると、まあひどい。  彼の家に行くと、歯ブラシが2本ある。彼いわく「掃除用だよ」。  彼の家に女物のパンツがある。彼いわく「それ、俺のだよ」。  彼の家に女がいた。「はっきり言うけどお前2番目なんだよ! ウゼーよ!」と罵られ、宅配便の人扱いで追い返される。 デートの食事代も払わない、高級時計がほしいと金を無心、職場では発注ミスまでなすりつけてきた彼のせいで、小芝は会社を辞めることになったのだ。  とにかく小芝が演じるのは、自分に自信がなく、自己評価がとんでもなく低い女性。犯罪級の酷い目に遭っているのに、自分が悪いと思い込んでしまう。NOと言えず、意見も言えず、のみこんでしまう。気弱で優しくていい子…とは思わない。 正直「え、バカなの?」と思う。「なんでそんな男と付き合った? 白目剥くわ」とも思う。小芝を助けたのは、和装のドSイケメンでも、心優しい家事万能なおじさんでもなくて、神社の境内に住む妖怪たちという物語だ。

【関連記事】