Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

登場したことで何が変わった!? 大きな転機となった車5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

メーカーが大きく変わったきっかけとなったクルマを振り返る

 カール・ベンツが内燃機関を搭載した自動車を発明して以来、130年もの歴史が刻まれました。日本でも本格的な自動車製造が始まったのは大正時代で、すでに100年以上経ちますが、長い歴史のなかでは革新的なクルマや、画期的なクルマが誕生しています。 【画像】これ全て名車! 歴史を動かした偉大なクルマを見る(21枚)

 これまで数多くの国産車が登場していますが、時にはメーカーにとっても大きな転機となったようなクルマも存在。  そこで、それまでのコンセプトや概念を大きく変えたモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ12代目「クラウン」

 トヨタは1955年に初代「トヨペット クラウン」を発売。まだ庶民がマイカーを持つことが夢のような時代に、すでに高級車としての風格がありました。  その後、クラウンはトヨタを代表する高級車として代を重ねますが、大きくコンセプトが変わったのは、2003年に発売された12代目です。  外観はそれまでの保守的なデザインから、フロントノーズをスラントさせたスポーティなイメージに一新。全体のフォルムも、重厚さよりも軽快感を強調しています。  また、シャシも変わり、エンジンは直列6気筒を廃止して全車V型6気筒を搭載。足まわりもフロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンクとなり、乗り心地を犠牲にすることなく、安定したスポーティな走りを両立。  トヨタ自身も12代目を「ゼロ・クラウン」と呼称し、新たなスタートを切ったことをアピールしました。  現行モデルは2018年にデビューした15代目で、12代目以降のコンセプトを受け継ぎ、シリーズ初の6ライトウインドウの採用でクーペスタイルとなり、ニュルブルクリンクで鍛えた足まわりなど、スポーティなクラウンをさらに強調しています。

●ホンダ初代「フィット」

 ホンダは1972年に次世代のコンパクトカーとして初代「シビック」を発売。その後、エントリーモデルとして革新的な初代「シティ」が誕生し、「ロゴ」へと受け継がれました。  しかし、ロゴは単にコンパクトで安いだけのイメージで、取り立てて秀でた部分は見られず、実際のセールスでもヒット作とはいえません。  そこでホンダは2001年に、すべてを一新した新時代のコンパクトカーの初代「フィット」を発売。  新開発のシャシは、燃料タンクを前席下に収める「センタータンクレイアウト」を採用したことで、クラストップの広い室内を実現。  エンジンも新開発された1.3リッター直列4気筒SOHCの「i-DSI」を搭載し、十分なパワーと低燃費を達成しています。  この初代フィットの大ヒットによって、同じシャシ、エンジンを使った派生車が次々にデビューしました。  2020年2月に現行モデルの4代目が発売されましたが、コンセプトは初代から継承。また、世界各地でフィットから派生したモデルが販売されています。  なお、センタータンクレイアウトは軽自動車の「N-BOX」シリーズなどにも展開され、現在、ホンダのスモールカーの標準となっています。

【関連記事】