Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“高学歴ニート”に橋下徹と林修が熱血指導!杉村太蔵&澤部佑が副音声で本音を暴露<林先生の初耳学>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

6月21日(日)放送の「林先生の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、TBS系)は、「熱血課外授業」特別編として、元大阪府知事・橋下徹と、林修先生が、高学歴ニートに熱血授業を繰り広げる。 【写真を見る】杉村太蔵(左)のトークを、心からうれしそうに聞く澤部佑(右) 東京大学をはじめ超名門大学を卒業しながらも定職についていない“高学歴ニート”たち。「仕事で時間を浪費するくらいなら好きなことをしていたい」「好きな仕事じゃなければ働きたくない」。高学歴ゆえにどこか社会を斜めに見て、社会への不満を募らせる彼らの主張に、橋下、林はどんな言葉を投げかけるのかが見どころだ。 さらに番組では、2人を緊急取材。「(コロナ後の)これから、大チャンスが訪れますよ」と語る2人が、コロナ禍の今を生きる若者たちに魂のメッセージをおくる。 さらに、元衆議院議員で評論家・タレントの杉村太蔵とハライチの澤部佑は、番組初となる副音声で登場する。「熱血課外授業」に講師として登場した経験をもつ杉村が、放送では語られなかった授業の裏側を暴露。 さらに、収録の秘話や仕事論など副音声ならではの話題で、澤部と語りつくす。 (ザテレビジョン)

【関連記事】