Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西川史子が“サンジャポ”卒業! 爆問太田「来週は裏の『(誰だって)波瀾爆笑』に出るらしいです」

配信

ザテレビジョン

3月22日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、この日で番組を卒業する西川史子に、司会の爆笑問題・太田光が卒業証書を贈る場面があった。 【写真を見る】花束を贈られ、サンジャポメンバーに囲まれて笑顔を見せる西川史子 2004年12月に船越英一郎のぎっくり腰の解説で番組初登場を果たし、2007年4月から13年間番組レギュラーを務めた西川が、今後は本業の医師に力を入れるため、番組からの卒業を発表。 22日の放送では、これまで共にした歴代アナウンサー(青木裕子、田中みな実、吉田明世、山本里菜)と最後のロケ「サンジャポ西川会(最終章)ラーメン女子部」に出掛けた模様が放送された。 吉田は2017年の番組放送中に倒れた時に西川に介抱してもらい、気持ち的にも体的にも本当に救われたと感謝の意を述べ、TBS退社以来7年ぶりの再会となった青木は、自身の番組卒業日の本番前に、西川が「『別れたい』って言われた、旦那に。窮屈みたいです」と一晩中泣き腫らし、腫れたままの目で収録に参加していたことを明かす。 また、田中は手紙で「私がTBSを退社すると決めた時、スタジオを出た所の2階の玄関で『本当に辞めちゃうの?辞めるのやめなさいよ。フリーは大変だよ』って抱き締めてくれました」と言い、スタジオ最後の日に西川は涙で目を腫らしており、その顔を見たとたん胸がいっぱいになったと感謝の言葉を贈った。 最後は太田が「卒業証書、西川史子様。初めまして西川先生。卒業おめでとうございます。今日はコロナウイルスの影響もあり、無観客の卒業式になってしまい残念ですが、無事この日を迎えることができて良かったです」などと、ボケをおり混ぜた愛のある言葉をかけた。 また、田中裕二がこれまでの15年の感想を聞くと、西川は「長かったですね。プライベートを全部持ち込んでましたね」と言い、太田から「破滅型の芸人みたいな感じ」とツッコまれ、テリー伊藤から「また(スタジオに)来て、またラーメンでも来てもらえば」と出演を促すと、西川は「はい。テレビは趣味なんで、取りあげないでください」とフッ切れた様子で笑顔を見せた。 さらに、太田が「来週は裏(番組)の『(誰だって)波瀾爆笑』に出るらしいです」とボケると、西川は「『ワイドナショー』とかね」と自らボケを被せ、笑いを誘った。 次回の「サンデー・ジャポン」は3月29日(日)放送予定。(ザテレビジョン)

【関連記事】