Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイヤ落下の責任は? 妻子失った遺族の思い 運送会社「点検に法的義務なし」 17年中国道事故

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 どうして高速道路にタイヤが落ちていたのか―。歯科技工士の中村真彦さん(53)=広島市=は2017年10月、岡山県津山市の中国自動車道で起きたスペアタイヤの落下事故により、愛する妻と娘を一気に失った。「2人の命を奪った責任を感じてほしい」。タイヤを落としたトラックの運転手や運送会社側に対する岡山地検の刑事処分の行方を見守っている。(共同通信=寺田佳代)   ▽「大変なことになってしまった」  17年10月18日午後8時すぎ、歯科技工士の妻美香さん=当時(49)=と大学生の長女亜美さん=当時(21)=は旅行のため軽乗用車で鳥取県に向かっていた。突然、目の前に現れた落下物のタイヤを避けきれずに乗り上げてしまい、車は故障する。路肩に避難して通報していたところ、後続のトレーラーが同じタイヤに乗り上げて横転。2人を直撃した。  仕事中の中村さんに最初に連絡が入ったのは自動車保険会社からだった。「ロードサービスの案内中に、突然電話が切れた」。2人の電話はつながらないが、インターネットで検索しても事故情報は出てこない。「山中で電波が悪いのかも」と軽く捉えていたが、未明にかかってきた警察からの電話に血相が変わった。

 「大変なことになってしまった」。すぐに広島市から津山市内の病院へ向かった。途中、これからのことを書き留めようとコンビニで小さなノートを買った。知らない場所で、2人が事故に巻き込まれている。そこに近づくのが怖かった。  明け方、病院に着いて娘の亜美さんの遺体と対面した。あまりにきれいな遺体の状態に、思わず「本当に死んでいるんですか」と聞いた。現実と思えず涙も出なかった。そんな自分が冷たい人間にすら思えた。その後津山署で美香さんの本人確認をした。盲腸の手術痕や過去にミニバイクで転倒した傷。やっぱり、そこにいたのは学生時代から知る妻の美香さんだった。  ▽一人きりの真っ暗な家に帰る  突然、家で一人ぼっちになった。家の中のことは美香さんに任せきりだったので、貴重品の場所すら分からない。これまでは美香さんたちが楽しく話すのを隣で静かに聞いているだけで幸せだったのに、そんな笑い声も聞こえてこない。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS