Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

津田健次郎、1人全14役に挑戦で笑顔「楽しかった」 パロディあり?『鷹の爪』特別動画公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 10月4日よりTOKYO MXなどで放送されるアニメ『秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~』の特別動画「もしも津田健次郎さんが鷹の爪の声優を1人でやってみたら ~『怪人バトルリーグ編』~」が11日、公開された。声優・津田健次郎が、全14キャラを演じている。 【動画】「俺のターン!」海馬風に演じる津田健次郎  「もしも“あの人”が鷹の爪の声優を1人でやってみたら」企画は、同アニメで声優素人のFROGMANが1人で演じ分けていたキャラたちを、プロの声優がやればもっとすごくなるのではないか、という発想から誕生したもの。過去には、野沢雅子、杉田智和、中田譲治が挑戦しており、今回は津田が“アニメ放送決定記念”としてチャレンジすることになった。  動画の内容は、今回も完全新作のオリジナルストーリーで展開。ステイホームが板につき、ダラダラしてばかりのデラックスファイター。部下に催促されてしぶしぶ『鷹の爪団』の様子を見にいくと、秘密基地では総統と吉田が怪人を従えて決闘を繰り広げていた。「怪人バトルリーグ」といって、外出自粛中に戦闘訓練という体で編み出したターン制バトルゲームらしい。そこでデラックスファイターもレンタル怪人を使ってバトルに参戦するが…という内容。  総統、吉田くん、DXファイターなどいつものメンバーの登場はもちろん、一癖も二癖もある怪人たちなど、あわせて14キャラが登場し、そのすべてを津田が演じ、今までみたことがない演技が見えるだけでなく、過去に津田が演じたキャラたちのパロディ(?)内容も含まれた仕上がりになっている。なお、筆者が確認したところ、「俺のターン!」と叫ぶ姿は、アニメ『遊☆戯☆王』で演じた海馬に思えた。  収録後、津田は「すごい自由な笑いの世界でやらせていただけることが、まずうれしかったです。全キャラやるのは大変なことですし、ちょっとだけ緊張して何か面白いことやらなきゃと思っていました。でも、収録では本当に自由にやらせていただいて…(笑)。本当にめちゃくちゃ楽しかったです」と笑顔。一人全14役の大役終え充実した表情を見せた。

【関連記事】