Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YouTube主催の卒業式に出席したセレブたちによる、名言集をプレイバック。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

6月6日に開催されたYouTube主催のオンライン卒業式「Dear Class Of 2020」にはビヨンセ、レディー・ガガ、そしてBTS(防弾少年団 )など豪華なセレブたちが参加し、この節目を祝すスピーチやパフォーマンスを披露した。希望を与える名場面と名言は、卒業する若者だけでなく、皆の心に響くはずだ。

6月6日にYouTube上で開催された卒業式「Dear Class Of 2020」にはミシェル&バラク・オバマ夫妻、レディー・ガガ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、BTS(防弾少年団 )らが参加し、それぞれがパンデミックの中で卒業を迎えた高校生たちに希望溢れるスピーチを届けた。式はリゾとケイティ・ペリーがパフォーマンスを披露し、ジャネール・モネイ、トレイシー・エリス・ロスら8人の黒人アーティストが詩「それでも私は立ち上がる」を朗読。盛りだくさんの内容だった式の中から、卒業生だけでなく、皆に学びのある場面と言葉を紹介する。 レディー・ガガ 「アメリカは人種差別という種から育った木が密集してる森のよう。若者たちが変化をリードして」 レディー・ガガは当初、この自粛期間に感じたことや気づき、そして卒業生と共感する経験を振り返ったスピーチを予定していた。だが、黒人への暴力に抗議するデモ、ブラック・ライヴス・マター運動を受けて、急遽この状況を反映した内容に変更したと語った。アメリカの根強い人種差別を“森”のようだと表現し、明るい未来には一刻にも変化が必要だと訴えた。そのスピーチの内容は以下だ。 「アメリカは古木が立ち並ぶ広大な森のように思う。それも“人種差別”という種から育った木々が密集している森。偏見の枝、抑圧の葉を茂らせ、土の奥深くに埋もれ、絡み合った根から成長した木々は、蜘蛛の巣のように網を張り巡らせている。この状況を前に前進しようとするも、木の根があまりに力強く反発してしまう。この森は、何世紀にもわたって支持し、造り上げてきた私たちの住んでいる場所。この社会が傲慢な価値観が生んでしまった。私がアメリカの人種差別と自然を対比させているのは、それだけこの国では人種差別というものが自然と馴染んでしまっているから。この国の若者たち、そう、あなたたちがこれからの変化をリードするの」

【関連記事】