Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉野北人が「私モテ」主題歌アコースティックver.を歌唱「どこのシーンで使うの?」

配信

映画ナタリー

「私がモテてどうすんだ」より、キャストの吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、山口乃々華(E-girls)、富田望生のコメントが到着した。 【動画】映画『私がモテてどうすんだ』予告(60秒) 2020年7月10日(金)全国ロードショー(メディアギャラリー他25件) ぢゅん子による同名マンガを平沼紀久が実写化した本作では、BL好きの腐女子・芹沼花依が、激ヤセをきっかけにイケメンたちから猛アプローチを受けるさまが描かれる。吉野がサブカル系の先輩・六見遊馬、富田と山口が変身前後の花依に2人1役で扮した。 Girls2が担当する主題歌「私がモテてどうすんだ」を、劇中で歌唱している3人。アコースティックバージョンをソロで披露している吉野は「僕も映画の主題歌を歌って、それを本編内に使うと聞いたとき『え!? どこのシーンで使うの?』と思いましたが(笑)。完成した映画を観て、ふいにそのシーンが訪れたので『え? ここで!?』と笑ってしまいました」と振り返り、「実際に歌う際には平沼監督と相談しながら、THE RAMPAGEのボーカルとして歌うときとは違うラブコメディのテイストを意識しました。演じた役の六見遊馬として歌っている設定でしたが、六見の性格では普段見せないような秘めた情熱と感情を込めて歌ったので、そのギャップもぜひ感じてもらえるとうれしいです」と呼びかけた。 映画冒頭のミュージカルシーンで踊りながら同曲を歌唱している山口と富田。「個人的に歌唱するのは、初めてのチャレンジでした!」と語る山口は、「レコーディングルームに入り、感情を乗せながら歌で表現することが難しかったのですが、歌うことは昔から好きだったので、うれしくもあり、楽しかったです! 望生ちゃんのかわいく安定感抜群の歌声に支えられながら、2人で最高の1曲が出来上がりました!」と自信をのぞかせる。富田は「花依ちゃんの本音が楽曲になっているので、言葉1つとっても、大切に歌わないと!と思いました。ポップな歌詞やメロディによって、力強さもかわいらしさも兼ね備えた、ヒロイン花依ちゃんにぴったりの曲です。“2人の花依ちゃん”が奏でるバージョンもお楽しみに~!」とコメント。 またミュージカルシーンの撮影について山口は「限られた時間の中で、望生ちゃんと息を合わせてがんばったので、ぜひ注目していただきたいです!!! 派手なシーンにワクワクして、楽しい撮影でした」と回想し、富田は「たくさんのエキストラの方にご協力いただき、とてもカラフルなシーンになりました! それぞれの戸惑いを個々に表現したり、それを持ち寄って互いを思い合ったり、映画の核となる部分を2人の1人で共有できた大切なシーンだと思います」と紹介した。 「私がモテてどうすんだ」は、7月10日に全国で公開。 ※「Girls2」の「2」は2乗が正式表記 (c)2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会 (c)ぢゅん子/講談社

【関連記事】