Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉高由里子、シャドーボクシングシーンに照れ「マットではなくベッドに沈みました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 女優の吉高由里子と俳優の横浜流星、三木孝浩監督が15日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(23日公開)先行上映舞台あいさつに登壇した。 【動画】撮影秘話を暴露され赤面する吉高由里子  吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。  撮影の裏話として、三木監督が「吉高さんは本編の良いシーンで、塁のパーカーをかぶってシャドーボクシングをするかわいいシーンがあるのですが、リハーサルからすごい照れてて(笑)。カットをかけずにずっと見ていました」と暴露。  吉高は「全然カットかけてくれなくて! マットではなくベッドに沈みました」と照れ笑い。恥ずかしかった理由を聞かれると「彼がいなくなって、シャドーボクシングを家でひとりでやる。(そんな人)おるか?」と戸惑ったようだが、三木監督は「それがかわいいんじゃないですか!」と吉高のかわいさを引き出したことに満足げな表情を見せた。  横浜は吉高について「太陽みたいな人。現場に癒やしも安らぎも与えてくれる人で、天然ではなく、みんなのことを思ってやってくれる気遣いの方」と絶賛。さらに「みんなを笑わせようとしたり、視野が広くて立ち振る舞いもお芝居もしべて学ぶことが多かったです」と振り返っていた。

【関連記事】