Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エキナカ中華のレベルを超えた! グランスタ東京に開業した『南国酒家47china』の魅力とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食楽web

 1961年創業、日本で広東料理を広めたパイオニアとして知られ、現在全国に直営19店、フランチャイズ7店舗を展開している『南国酒家』。そんな『南国酒家』が新業態となる『南国酒家47china(よんななちゃいな)』を東京駅のエキナカにある「グランスタ東京」の新エリア内に8月3日(月)にオープンさせました。 『南国酒家47china』はエキナカにありながら、『南国酒家』でも味わえない全国から集めた厳選食材を使った特製中華が味わえます。

 新たにオープンした『南国酒家47china』は、全国から集めた厳選食材をメインに据え、『南国酒家』で培ってきた中華料理の技法を用い、それぞれの食材のおいしさを存分に引き出した中華料理を味わえるお店です。  実は『南国酒家』では2008年より年2回程度の頻度で「おいしいものにっぽん」という各都道府県の食材をテーマにした企画を期間限定で開催。栽培方法の難しさやコストの高さから一般には知られていないけれど美味しい食材を、社長をはじめ社員自らの足で発掘し味わい、『南国酒家』ならではの中国料理として提供する地産・国消企画です。  これまで約60の素晴らしいローカル食材と出会い、その魅力を東京駅から発信することで地方創生に繋げたいという考えから、東京駅という全国各地への玄関口に『南国酒家47china』がオープンしました。

10年以上かけて見つけた極上ローカル食材を使った中国料理たち

 そんな『南国酒家47china』では、各地の農家や食材にフォーカスしたメニューを用意しています。例えばこちら「大橋園芸『大橋さんのトマト』と鳥取県境港産 紅ずわい蟹の酸辣湯麺 宮崎県産柚子胡椒の香り」は、愛知県大橋園芸の大橋さんのトマトを使用した逸品です。  美しい園芸風景が残り、渓流や広大な森林をはじめ豊かな自然が広がる豊田市にある大橋園芸では、豊富で綺麗な地下水と、最新型の環境整備システムを駆使し高い技術でトマトを栽培。美味しくて品質の高いトマトが安定的に作られています。

【関連記事】