Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“握手会ビジネス”が成り立たず、オンライン化で困窮するアイドル界…過渡期のライブ配信の可能性は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 今週、EXシアター六本木(東京・港区)で開催された『六本木アイドルフェスティバル』。ソーシャルディスタンスを確保した座席に座った来場者はマスク着用が必須で、歓声は禁止。それでも「これぞライブの魅力」「久しぶりにライブ行ったけど、やっぱいいわ」と喜びの声が上がった。 【映像】現役アイドルと生存戦略を考える  ただし、コロナ禍でのこのような活動は一部のアイドルの、それもわずかな機会に限られているのが現状だ。多くは重要な収入源だったファンとの触れ合いを自粛、代わりにライブ映像の配信や、それに付随する投げ銭システム、オンラインの特典会などで収益を得ようとしている。

 国内外で4つのグループを手がけるアイドルプロデューサーのへなぎ氏は「(事務所・グループによっては)売り上げに関しては半分以下。1、2カ月ぶりにやった無観客ライブの配信はたくさんの人が見てくれたが、視聴者は徐々に尻すぼみで減っていった」と話す。

 こうした状況から、解散するグループや卒業を余儀なくされるメンバーもいるようだ。今年6月、ライブ配信をもって7年にわたるアイドル活動にピリオドを打った本田夏実さん(25)は、コロナだけが卒業の理由ではなかったこともあり、「ファンの人に会えないという寂しさがあった」と明かした。

■オンライン化で「“私の仕事って何だっけ”と不安になった」

 アイドル歴10年の寺嶋由芙は「多くのアイドルにとって、会場に来てもらえるかどうかが大きかったが、それがオンライン化している」と話す。  「握手や並んでツーショット写真を撮影することなどはできないので、例えばネット上でサイン会を開く。私の場合、CDを買ってくれた人に対して名前や欲しいメッセージを募っておいて、名前を読み上げながらサインしている様子をYouTubeで生中継した。顔見知りのファンなら、“おうちのワンちゃん元気ですか”など、個人的なメッセージも入れてみたりする。アイドルとオタクは直接連絡を取ることはできないので、そんな風にして補っている。地方に住んでいる人にサインやレスポンスを届けやすくなったのはメリットだし、ネットでのお話し会では、逆にファンの家の様子を見ることも新鮮ではある。でも、これがずっと続くのかと思うと寂しいし、やればやるほど“元気かな”と思ったりする」。

【関連記事】