Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40代からの“左手日記”が認知症予防に、名医も実践「日記は最高のボケ対策です」

配信

週刊女性PRIME
40代からの“左手日記”が認知症予防に、名医も実践「日記は最高のボケ対策です」

※写真はイメージ

「大脳には約200億の細胞が存在しますが、実際に使われているのは、わずか5%といわれています」(井上肇先生、以下同) 大部分の脳がなぜ使われていないかは未解明だが、“両手を使わないこともわずかではあるが理由のひとつでは”と井上先生は指摘する。「人間の脳には身体の各部位の運動をコントロールする司令塔がありますが、右利きの人は左脳に、左利きの人は右脳に配置されています。そのため、右利きの人の右脳は左脳ほど開発されていません。その司令塔の中には、住所の“番地”にあたるものが存在しますが“手”と“口”の番地の部分はほかの部位に比べて圧倒的な広さを占有しています。なぜなら手と口の運動は際立って複雑だからです」

本文:1,337文字

写真:2

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込55
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊女性PRIMEの有料記事

PayPay残高使えます