Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『日本沈没2020 劇場編集版』予告編公開 湯浅政明監督が真に描きたかったテーマにフォーカス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 11月13日より公開となる『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』 の予告編が公開された。 場面写真   『日本沈没2020』は、小松左京の小説『日本沈没』を、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『DEVILMAN crybaby』の湯浅政明監督がアニメ化したもの。“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く。Netflix配信後には、国内視聴ランキングのNo.1を記録した。  『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』では、配信時全10話だったストーリーを、劇場版として湯浅監督の手による編集で再構築。5.1chの劇場仕様の音響とともに、映画作品として新たに生まれ変わった。  配信版の予告編では、物語の導入として、大災害に巻き込まれる主人公の武藤家を中心としたサバイバルが描かれていたが、劇場編集版に向けて新たに編集された今回の予告編では、湯浅監督が本作を通じて真に描きたかったという“祖国が沈んだ後の日本人の心”というテーマをより凝縮した映像となっている。  前半では、大災害の後に襲い来る、究極の危機に直面した衝撃的な日本の姿、目を覆いたくなる“恐怖と脅威”の数々が描かれ、後半にかけては一転、絶望的な状況の中、それでも立ち上がり、再生に向かって進もうとする様々な人々の姿・彼らの“生きる”という力強いメッセージが、アニメーションならではの躍動感溢れる映像で描かれる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】