Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<大貫勇輔>「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」 神戸大助との共通点は貴族風で天然? アニメ声優初挑戦 宮野真守に感謝も

配信

MANTANWEB

 「ただ、自分では気付いていないんですけど、よく周りからは『天然ぽいよね』と言われるんです。一見クールなイメージを持たれることが多いのですが、僕自身はしゃべるのがめちゃくちゃ好きだし、ポジティブな人間だし、大助とは離れているなと思いつつも、天然ぽいのは、自分と似ているのかなと思ったりしますね」

 周囲のスタッフには「貴族風」と言われることもあるという。

 「ダンスをやっていて姿勢がいいからだと思います(笑い)。あとは、踊りの中でお芝居をした時の手の動きだったり、そういうものが貴族風と言われるゆえんなのではないかと自己分析しています」

 ◇アフレコでは“神戸ポジション”を意識

 大貫さんは、オーディション前に声優のレッスンを受け、「今まで意識したことがなかったようなことを聞いて、すごく面白かった。マイクに対する顔の位置、口の向きとか、痛がっている時はあえて体のどこかを緊張させてしゃべってみるとか。声優の方々ってすごいなと思いました」と話す。実際のアフレコでは、「大助らしさ」を意識しているという。

 「収録では、自分の中で“神戸ポジション”というか、姿勢、体のポジションみたいなものがあります。大助は、人を見下しているところがあるので、姿勢がよくてアゴが上がっている。そのポジションで収録しています。感情の起伏が少ないキャラクターなのですが、その中でも怒ったりいろいろな感情はあるので、そのゲージをどのくらい声の中に出すかということにいつも悩みます。『もう少し強く怒ってみよう』とか『今のは出し過ぎだね』とか、実際に収録しながら監督とディスカッションを重ね、微調整する感じです」

 大助は「基本的に人の話を聞いていない」ところもあるという。

 「僕が元々持っている気質として、流されやすい、空気を読む、何でも受け取りやすいタイプなので、お芝居の時も(相手の話を)パンッと切るのが得意ではないんです。対して、大助はそうではなくマイペースなので、大助らしさを意識して演じています」

【関連記事】