Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

都内で会える「岡本太郎」 感じろ、そして叫べ「芸術は爆発だ!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

都内にいくつもある岡本太郎スポット

 芸術家・岡本太郎を知っている人は多いでしょう。後年にはたくさんのパブリック・アートを手がけ、そのひとつ『天に舞う』はNHKスタジオパークの玄関に展示されていました。 【地図】岡本太郎の等身大マネキンに会える「岡本太郎記念館」を見る(6枚) 「されていました」というのは、2020年の春から猛威をふるったコロナ禍の影響で、スタジオパークが5月に閉館となってしまったからです。閉館後の行き先は未定とのことですが、一日も早く公開が復活してほしいと思います。  都内には、スタジオパーク以外にも、岡本太郎の作品をいつでも見られるところがいくつかあるので、今回はそれらを巡ってみたいと思います。

コミックヒーローのような側面を持つ太郎

「芸術は爆発だ!」や「何だ、これは!」など、数々の名言を残したことでも知られる岡本太郎は、おそらくファインアート(芸術的な意図のもとに制作される美術)の作家の中で、もっともその名が知られた日本人だと思います。  そんな岡本太郎とは、いったいどんな人物だったのでしょうか。作品巡りの前に、岡本太郎の人物像をちょっとみてみたいと思います。  1911(明治44)年に川崎市で生まれた岡本太郎。父の一平は漫画家で、母のかの子は作家でした。芸術一家に生まれた宿命のように、幼少より作画をたしなんでいましたが、その頃は芸術の道を目指すことに迷いもあったようです。  1929(昭和4)年、18歳になった太郎は東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)に入学するも、程なくして渡仏。そこで出会ったセザンヌの絵画に衝撃を受けますが、数年後に再び見たときには「もはや超えたな」と実感したといいます。  その後、ピカソの作品に出会ったときも衝撃を受けますが、やはり自分の中で乗り越え、後年になってピカソに出会ったときは、穏やかな気持ちで話ができたようです。  限りない衝撃に打ちのめされては、その都度自力で克服する太郎からは、コミックヒーローのような人物像も見えてくるのではないでしょうか。  パリでは当初抽象絵画に傾倒しますが、すぐにその限界を感じ、シュールレアリスムの作家たちと交流、作風も具象を交えたものへと変化していきます。また、思想家のバタイユや人類学のモース博士とも交流し、芸術以外の素養を身につけていったのもこの頃でした。  おりしも第2次世界大戦が始まり、ドイツ軍がフランスへ迫ると、やむなく帰国した太郎は軍人となって中国へ出兵。六か月の捕虜生活を経て帰国しています。

【関連記事】