Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食生活、サプリ、スキンケア...VOGUEGIRLエディターが最近始めたビューティ習慣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

健康な体と心を保てるよう、新しい習慣をつくるきっかけにもなったステイホーム期間。食生活からサプリ、スキンケアまで、エディターが実践する新習慣を紹介。

納豆を毎日食べて、腸から健康に!

社会人になってから、平日はほぼ外食で過ごしてきました。それが今年に入ってからの新型コロナによる外出自粛、そしてリモートワークという新しいライフスタイルとなってから、毎食を家で食べるように。今までの食生活を見直すいい機会になりました。いつもより免疫力とか健康を意識した時だったので、僕も「ただ食べたいものを食べる」のではなく「体に良いものを美味しく食べる」ことを始めてみたいと思い、腸にも良いと言われている発酵食品の納豆を毎日食べることに。これ、自炊派の人にとっては「簡単過ぎる!」と思うのですが、外食中心の食生活だと結構難しいことだったりして・・・。 納豆と同じく発酵食品であるキムチ、水溶性の食物繊維が豊富なめかぶを一緒に食べるのが僕の基本レシピ。この日は、アボガドとマグロに卵黄、ゴマやノリなど合計10品目を投入して混ぜ混ぜ。実は納豆はあまり得意ではなかったのですが、毎日工夫して食べるようになったら美味しいな、と思えるようになりました。肝心な健康面というと、大きな変化はないものの風邪もひかず毎日元気! 何より「次はどんなことに挑戦してみよう?」と、健康に対する意識が高まった気がします。約4ヶ月間毎日続けられた、僕のささやかな新習慣です。(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現)

元気が湧いてくる、朝からフルーツ生活。

リモートワークがはじまった2月頃は、朝に時間の余裕ができたので、トーストに目玉焼き、サラダにヨーグルトとビッグブレックファーストを取っていました。でも、いつもと比べて運動量も少なく、さらには昼も夜もしっかり食べるので、食べ過ぎで体が不調。そんなときにはじめたのが、果物にシフトした食生活です。朝ごはんはフルーツメイン(そのままでもフルーツジュースでも)に変えて、昼または夜もフルーツサラダを取るように。サラダはフルーツで酸味が加わるので、あとはオリーブオイルと少量の塩で十分。最初はフルーツだけだとお腹がすくかもと懸念していたのですが、果物はそれ自身に消化酵素を持っているので、体内のエネルギーを使わず消化できるので体内エネルギーを効率よく使うことができるようで、果物だけの朝食でも昼までエネルギー全快。それに色とりどりで可愛らしいフルーツを見ていると何だか気持ちまで元気に。ちょっと体が重い感じがするとき、ぜひフルーツ生活をためしてみてください。(VOGUE GIRL エディター 蔵澄 千賀子)

【関連記事】