Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あつ森」大ヒットの任天堂が逆行高で年初来高値更新! 日経平均株価は大幅反落

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅反落、終値では4日ぶりに23,000円割れ

2020年6月11日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)  ・日経平均株価 22,472円(▲652円、▲2.8%) 大幅反落  ・TOPIX 1,588.9(▲35.7、▲2.2%) 大幅3日続落  ・東証マザーズ株価指数 1,007.1(▲29.2、▲2.8%) 5日ぶり大幅反落 東証1部上場銘柄の概況  ・値上がり銘柄数:203、値下がり銘柄数:1,939、変わらず:27  ・値上がり業種数:1、値下がり業種数:32  ・年初来高値更新銘柄数:59、年初来安値更新銘柄数:1 東証1部の出来高は16億7,956万株、売買代金は2兆8,403億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。 新型コロナウイルス感染の影響懸念が残る中、FOMCの結果を受けた米国株式相場の大幅続落により、東京市場でも利益確定売りが優勢となりました。ただ、様子見スタンスの投資家も多く、売買代金は3兆円には届かずに終わっています。 そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移し、大幅反落となりました。終値で23,000円割れは4日ぶり。取引時間中の高値は22,939円(▲185円)、安値は22,466円(▲658円)となり、値幅(高値と安値の差)は約473円となっています。 なお、TOPIXも同じような値動きで大幅3日続落となり、終値で再び1,600ポイントを割り込みました。

東証マザーズ株価指数は5日ぶり反落、売買代金は39日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は2億5,273万株、売買代金は2,383億円となり、いずれも前日より小幅増加となりました。個人投資家の物色意欲が継続し、売買代金は39日連続で1,000億円を上回り、さらに連日で2,000億円を上回っています。 ただ、新興市場でも利益確定売りが優勢となり、株価指数は大幅安で5日ぶりの反落となりました。なお、終値ではかろうじて1,000ポイントを維持しています。

日産自動車など自動車株が軒並み急落、「あつ森」大ヒットの任天堂が年初来高値更新

個別銘柄では、株価指数寄与度の高い大型株が軒並み大幅安となり、ファーストリテイリング <9983> が▲4%超安の急落となった他、ソフトバンクグループ <9984> 、テルモ <4453> 、京セラ <6971> 、ファミリーマート <8028> なども大きく値を下げました。 また、円高進行を受けて自動車株も揃って売られ、終値ベースで日産自動車 <7201> が▲9%安に迫る急落となったのを始め、三菱自動車 <7211> が▲7%超安、ホンダ <7267> 、マツダ <7261> 、スズキ <7269> 、SUBARU <7270> が▲5%超安と揃って急落しています。 さらに、米国のゼロ金利が2021年まで続く見通しが公表されたことを受け、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> や三井住友フィナンシャルグループ <8316> など銀行株が大幅安となり、野村ホールディングス <8604> など証券株も値を下げました。 なお、本来なら低金利がプラス材料になるはずの不動産株も、在宅テレワーク定着によるオフィス需要の漸減懸念を背景に、住友不動産 <8830> と三井不動産 <8801> が▲5%超安へ急落したことが目を引きました。 一方、数少ない値上がり銘柄では、「あつまれ どうぶつの森」の大ヒットが続く任天堂 <7974> が一時+4%超高の大幅上昇で久しぶりに年初来高値を更新しました。 また、宅配輸送量の拡大を受け、SGホールディングス <9143> が再び年初来高値更新となっています。 その他では、東京アラートが解除される方向となり、さらにステップ3(休業要請の全面解除)への移行が視野に入ったことから、今もなお臨時休園が続く東京ディズニーの再開期待でオリエンタルランド <4661> が逆行高になったことが注目されたようです。ちなみに、東京ディズニーは千葉県にあるため、東京都のステップ3移行とは基本的に関係ありません。 新興市場(東証マザーズ)では、医療バイオ株への物色が続き、ナノキャリア <4571> が破竹の4日連続ストップ高となった一方、アンジェス <4563> やサンバイオ <4592> は急落しました。

葛西 裕一

【関連記事】

最終更新:
LIMO