Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田久志、福本豊にブーマー、イチローも! 「プレイバックORIX」で球史にふれる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

阪急ブレーブスは10度のリーグ優勝、3度の日本一を飾った

 オリックスは球団公式YouTubeチャンネル「BsTV」にて、関西テレビ協力のもと、過去のアーカイブ映像「プレイバックORIX」を配信している。公開中の内容に沿って、阪急そしてオリックスの歴史を振り返ってみたい。 【一覧】名球会入りの“レジェンド”がなんと3人も、12位には稀代の長距離砲も… 阪急1968年ドラフト指名選手一覧 「阪急」の創立は1936年1月23日。創始者は阪急電鉄や宝塚歌劇団と同じ小林一三氏である。1リーグ時代の阪急は41年と49年の2位が最高で優勝はならず。47年にチーム名を「阪急ブレーブス」とし、50年よりパ・リーグに加盟した。  50年代も頂点に立つことはなく、長らくくすぶっていた阪急だったが、ついに歓喜の時が訪れる。67年、スタートダッシュに成功した阪急は、5月中旬から首位の座を守り抜き、最終的には2位の西鉄に9.0ゲーム差をつけて球団初のパ・リーグ優勝。打線はリーグ断トツの143本塁打を放ち、投手ではサブマリン・足立光宏投手が最優秀防御率1.75でMVPを獲得した。「プレイバックORIX」では、胴上げされる西本幸雄監督や、観客が客席からなだれ込んで歓喜するという今では考えられないシーン、西宮に戻ってビールかけをする選手たちが見られる。  西本監督率いる阪急は初優勝からリーグ3連覇を成し遂げた。67年の足立投手から、米田哲也投手、長池徳二外野手とMVPを3年連続で輩出し、一気に常勝軍団へ変貌。1968年の最終戦でリーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打を放った矢野清外野手の姿は「プレイバックORIX」で配信している。

阪急福本は72年に歴代シーズン最多106盗塁、75年からはリーグ4連覇を飾った

 71年からV2、さらに75年からは4連覇と黄金期に突入する。特に72年は2位の近鉄に14.0ゲーム差の独走。福本豊外野手が106盗塁という当時の世界記録を打ち立て、MVPと盗塁王の2冠に輝く。そして長池徳二外野手は41本で本塁打王、プロ4年目のサブマリン・山田久志投手も最多勝となる20勝を挙げた。  74年シーズンから西本監督に代わってコーチだった上田利治監督が指揮を執る。就任時37歳だった青年監督のもと、チームは日本シリーズ3連覇、そして4年連続のリーグ優勝と隆盛を極めた。75年には広島を4勝2分で圧倒して球団創設40年目で初の日本一に輝くと、76年と77年にはこれまで日本一の壁となっていた巨人をついに倒す。  この頃のチームは加藤秀司内野手、福本、山田、通算代打本塁打27本といういまだ破られぬ記録を持つ高井保弘内野手ら、前監督・西本氏の薫陶を受けたメンバーが実力を発揮。それに加え、ルーキーイヤーの75年に日本シリーズMVPと新人王を獲得し、剛速球で名を轟かせた山口高志投手、中日から移籍した77年に17勝6敗で最高勝率を獲得した稲葉光雄投手、75年の来日から強打で貢献した二塁手のマルカーノ、78年に打率.307、61盗塁を記録した簑田浩二外野手といった面々も阪急ブレーブス黄金期の原動力となった。  6年ぶり10度目のリーグ優勝を決めた84年は、投手では21勝9敗、防御率2.93の今井雄太郎投手と17勝を挙げた佐藤義則投手が牽引。そして、来日2年目のブーマー内野手が打率.355、37本塁打、130打点の3冠王という見事な打ちっぷり。グラウンド外では球団マスコット「ブレービー」が81年から西宮球場に登場。ますます西宮の人たちに愛されていった阪急ブレーブスに転機が訪れる。88年10月に阪急からオリエント・リースへの球団譲渡が決まり、球団名も「オリックス・ブレーブス」へ変更された。

【関連記事】