Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【齋藤薫の美容自身2】あなたは女としてホンモノか?ニセモノか? 今こそ見極めの時!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOCE

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。今月のテーマは“あなたは女としてホンモノか?ニセモノか? 今こそ見極めの時!”。毎月第2水曜日更新。

男のニセモノは人を幸せにできない、女のニセモノは私の幸せだけ考える

 「あいつはニセモノ」……そういう言い方をよく耳にする。人間をホンモノとニセモノに二分してしまう評価の仕方、ちょっと怖い気もするけれど、わざわざ自分をホンモノに見せようとするタイプに限ってニセモノが多く、ホンモノのふりをするからニセモノがばれてしまう、という方程式がそこにあるのだから仕方のないこと。  政治家から芸人まで、不正やらゲス不倫やらで日々ネットやテレビを騒がせているのは、ホンモノ顔したニセモノゆえと言わざるをえない。で、私たち女がこの分類に関してとても神経質になるのは、極端な話、自分がその男と人生を共にしたら幸せになれるかなれないか、という判断がそこに含まれているからなのだ。立派なふりして、小心で小ずるかったり、善い人のふりをして、全く自己中心で自分しか愛せなかったり、心のない男はおしなべて人を幸せにできないからニセモノ。社会的な地位などなくても、人への愛情さえあればホンモノと呼びたい、それが女心である気がするのだ。  ちなみに、女性にはホンモノかニセモノかという言い方をあまりしないが、女のニセモノは主に“美しい心”を装う。ひたすら自分の幸せのためだけに。おとぎ話の昔から、「ガラスの靴が入るか入らないか」という基準で国中の女たちを審査したのは、とりもなおさず外見以上に、美しい心の持ち主を探し出す作業。心正しき美女が、大昔から女の最高位にあったことは疑いようがないのだ。  逆に言えば、邪悪な心の象徴としての魔女を糾弾した歴史は、心正しき美女を敬う反動といってもいい。ただいつの時代も、何をもって“心の美しい醜い”を見分けるのか、曖昧かつ難しい問題だったが、今ようやくそれが明快になってきた。社会的な問題に対してどういう心を持っているか? そこで心の美醜が測られる時代になったのだ。  アメリカでは今、いわゆるMe Too運動に続き、黒人への差別問題が激化しているが、実はここでちょっとスキャンダラスな出来事が起きている。  大人気を博した青春ドラマ『glee/グリー』でブレイクした女優のリア・ミシェルが、ある差別をめぐって、CMのクライアントから突然の契約破棄を言い渡されたのだ。リアは人種差別撲滅を支援するコメントをSNSに投稿したのだが、ドラマで共演した黒人女優サマンサ・ウェアから「彼女は偽善者、自分は共演中に彼女から激しい差別に合い“生き地獄”を味わわされた」と暴露されたのだ。その結果、大炎上。アメリカ中がその歪んだ真心を非難した。  ハリウッドの現場には昔からあったはずの、いじめや差別。でもそれが今はSNSでそっくり明るみに出て、あっという間に社会的制裁を受けるようになった。日本でも不倫に対しての制裁が昔よりずっとずっと厳しくなっているが、これもSNSの普及で、みんなが陪審員になっているから。何だか倫理感や道徳感がかつてないほど厳格に問われている。勢い、人権問題にも環境問題にもちゃんと正しい心を持つことが、本気で問われる時代になった。まさしくエシカルの時代!

【関連記事】

最終更新:
VOCE